MAX98095

オーディオハブ、FlexSoundプロセッサ内蔵

モバイルプラットフォームでのシングルチップオーディオソリューションを可能にする高集積IC


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX98095は、マキシムのFlexSound®デジタル信号プロセッサを備えた全機能内蔵オーティオハブです。この高集積デバイスは、3つのI²S/PCMインタフェース、および強力な高性能アンプを提供します。FlexSound DSPは、クラス最高のノイズ抑制、エコーキャンセル、スピーカ保護、およびアンビエントアウェアなアルゴリズムを提供し、ポータブル機器のあらゆるオーディオ処理要求を処理します。これによって、最高の集積度とオーディオ品質が得られます。

3つの差動アナログマイクロフォン入力と4つの1ビットデジタルマイクロフォン入力は、メイン、アクセサリ、およびバックグラウンドマイクロフォンからのオーディオを受け付けます。アナログライン入力は、4つのシングルエンドまたは2つの差動オーティオ信号を受け付けます。3つのデジタルオーディオインタフェースは、I²S/PCM/TDMオーディオ形式をサポートします。3つの内蔵サンプリングレートコンバータと高度に設定可能な信号ルーティングによって、広範な使用例が可能になります。

内蔵アンプは、3つのDACまたは任意のアナログ入力からの信号を出力することができます。アンプには、差動レシーバアンプ、ステレオD級スピーカアンプ、ステレオH級ヘッドフォンアンプ、および4つのシングルエンドライン出力が含まれます。

このICは、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

主な特長

  • 102dB DRステレオDAC (8kHz < fS < 96kHz)
  • 90dB DRステレオADC (8kHz < fS < 96kHz)
  • ヘッドフォンの再生消費電力:4.2mW
  • ステレオ低EMI D級アンプ
    • 3.2W/チャネル(4Ω、PVDD_ = 5.0V)
    • 1.2W/チャネル(8Ω、PVDD_ = 4.2V)
  • ステレオDirectDrive®ヘッドフォンアンプ
    • 33mW/チャネル(32Ω)
  • 差動レシーバアンプ
  • 2つのステレオシングルエンド/モノラル差動ライン入力
  • 3つの差動マイクロフォン入力
  • FlexSoundオーディオ処理
    • 強化スピーカフォン
    • シングル/デュアルマイクロフォンノイズ抑制
    • アンビエントアウェアなレシーバ出力
    • 音響エコーキャンセル
  • 3つのI²S/PCM/TDMデジタルオーディオインタフェース
  • 非同期デジタルミキシングおよびサンプリングレート変換
  • 強力なクリック/ポップ抑制回路
  • I²C/SPI制御インタフェース
  • 108ピンウェハレベルパッケージ(WLP) (6.4mm x 4.7mm、0.5mmピッチ)

技術資料

アプリケーションノート 5477 Analyzing Audio DAC Jitter Sensitivity
チュートリアル 5290 Higher Integration Drives the Newest Generations of Smartphones

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX98095.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX98390
ブースト内蔵D級アンプ、Dynamic Speaker Management内蔵

  • 内蔵のスピーカー電流および電圧検出は外付け部品が不要
  • 設定可能な10Vブーストコンバータ内蔵
  • Dynamic Speaker Management内蔵


種類 ID PDF タイトル
アプリケーションノート 5477 Analyzing Audio DAC Jitter Sensitivity
チュートリアル 5290 Higher Integration Drives the Newest Generations of Smartphones