先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX98050の評価キット Nov 23, 2020

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。

主な特長

  • 完全なハードウェアシステムで設定が容易、ツールや特別な機器は不要
  • 使いやすいグラフィカルユーザーインタフェースソフトウェア(Windows® 10対応)
    • MAX98050の評価ソフトウェアは全ハードウェアレジスタへの完全なアクセスを提供
    • デジタルフィルタ設計および音響ハードウェア評価用のHearable Sound Studio Basic

アプリケーション/用途

説明

MAX98050の評価システム(MAX98050EVSYS#)は、ワイヤレスヒアラブル、ヘッドセット、およびヘッドフォン用低遅延デジタルフィルタ内蔵低電力、高性能オーディオコーデックのMAX98050を評価します。このEVシステムは、2つのMAX98050開発ボード(DEVボード)、マキシムのオーディオインタフェースボードIII (AUDINT3)、マキシムのデュアルEVキットアダプタボード、およびUSBケーブルで構成されます。ハードウェア以外に、MAX98050の評価ソフトウェアおよびHearable Sound Studio Basicソフトウェアがダウンロード用に提供されています。

DEVボードをAUDINT3ボードと組み合わせて、EVシステムとして評価することが推奨されます。このEVシステムは、モノラルハードウェアセットアップ(1つのDEVボード)またはステレオハードウェアセットアップ(2つのDEVボード)として設定することができます。MAX98050は標準I2S、左詰め、およびTDMデジタルオーディオインタフェース、ならびに制御用のI2Cに対応します。

AUDINT3ボードは、MAX98050の正常な動作に必要なすべての電源電圧を提供します。さらに、AUDINT3はシステムの評価に必要なUSB-PCMおよびUSB-I2Cインタフェースも提供します。EVシステムの簡略ブロック図は、DEVボード、デュアルEVキットアダプタボードの詳細、およびAUDINT3ボードとの接続を示しています。

GUIに関しては、MAX98050の評価ソフトウェアがあり、全ハードウェアレジスタへの完全なアクセスを提供します。また、Hearable Sound Studio Basicソフトウェアもあり、ボード上の5バンド再生イコライザ、デジタルフィルタチャネル、およびデジタルフィルタのダイナミックレンジ圧縮(DRC)のチューニングが容易になります。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX98050の評価キット Nov 23, 2020

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。