先頭に戻る

MAX9789AおよびMAX9790Aの評価キット

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX9789AおよびMAX9790Aの評価キット Nov 27, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • WindowsプレミアムモバイルVista準拠
  • 2WステレオAB級、BTLスピーカアンプ
  • ステレオ100mW、DirectDriveヘッドフォンアンプ
  • 120mAの低ドロップアウトリニアレギュレータ内蔵
  • 完全実装および試験済み
  • MAX9790Aも評価可能(ICの交換が必要)

アプリケーション/用途

  • ノートブックコンピュータ
  • ポータブルマルチメディアプレーヤー
  • タブレットPC

説明

MAX9789Aの評価キット(EVキット)は、MAX9789A ICを評価する完全実装および試験済み回路ボードです。MAX9789Aは、ステレオ2W、AB級スピーカパワーアンプ、ステレオ85mW、DirectDrive®ヘッドフォンアンプ、および120mAの低ドロップアウト(LDO)リニアレギュレータを単一デバイスに統合しています。MAX9789AはWindows Vista®オペレーティングシステム用に設計され、MicrosoftのプレミアムモバイルVista規格に完全準拠しています。

スピーカアンプは4.5V~5.5VのDC電源で動作し、2 x 2Wの出力電力を4Ωのスピーカペアに供給します。ヘッドフォンアンプは3.0V~5.5VのDC電源で動作し、100mWの出力電力を16Ωのステレオヘッドフォンに供給します。

MAX9789Aは独立したステレオスピーカとヘッドフォンアンプ入力を備えています。制御端子によってスピーカとヘッドフォンアンプを個別にシャットダウンし、スピーカとヘッドフォンアンプが別個のオーディオストリームを同時に再生することができます。

MAX9789Aは、120mAの内蔵LDOを備えています。LDO出力電圧は内部で4.75Vに設定するか、またはシンプルな抵抗分圧器を使って1.21V~4.75Vの範囲で外部から設定することができます。LDOをオーディオアンプとは独立してイネーブルすることができます。

MAX9789AのEVキットを使って、MAX9790Aを評価することができます。詳細については、フルデータシートの「MAX9790Aの評価」の項をご参照ください。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX9789AおよびMAX9790Aの評価キット Nov 27, 2006

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。