先頭に戻る

2.6WステレオオーディオパワーアンプおよびDirectDriveヘッドフォンアンプ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 出力コンデンサ不要:業界最小のノートブックコンピュータオーディオソリューションを提供
  • PC2001準拠
  • 単一電源動作:5V
  • AB級2.6WのステレオBTLスピーカアンプ
  • 110mWのDirectDriveヘッドフォンアンプ
  • 高PSRR:90dB
  • 低電力シャットダウンモード
  • 業界最先端のクリック/ポップノイズ抑制
  • 低THD+N:0.01% (1kHzにおいて)
  • 短絡/熱過負荷保護
  • 選択可能な利得設定:15dB、16.5dB、18dB、および19.5dB
  • ESD保護ヘッドフォンドライバ出力:±8kV
  • 省スペース、放熱効果に優れるパッケージで提供
    • 28ピンTQFN (5mm x 5mm x 0.8mm)パッケージ

アプリケーション/用途

  • フラットパネルTV
  • LCDプロジェクタ
  • マルチメディアモニタ
  • ノートブックPC
  • ポータブルDVDプレーヤー
  • タブレットPC

説明

MAX9779は、2.6Wのステレオオーディオパワーアンプと110mWのステレオDirectDrive™ヘッドフォンアンプを単一デバイスに統合しています。ヘッドフォンアンプは、単一電源からグランド基準の出力を生成するマキシムのDirectDriveアーキテクチャを採用しているため、大容量出力コンデンサが不要になり、コスト、面積、および部品の高さを縮小します。90dBの高PSRRと0.01%の低THD+Nのため、AB級スピーカアンプを通じてオーディオ信号のクリーンな低歪みの増幅を実現します。

MAX9779は、単一電源電圧、シャットダウンモード、ロジックで選択可能の利得、およびヘッドフォン検出入力を備えています。業界最先端のクリック/ポップノイズ抑制によって、電源投入/シャットダウンサイクル時の可聴トランジェントが排除されます。

MAX9779は、省スペースの放熱効果に優れる28ピンTQFN (5mm x 5mm x 0.8mm)パッケージで提供されます。このデバイスは熱過負荷保護および出力短絡保護を備え、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。