先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX9759の評価キット Aug 16, 2005

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 3.2Wの連続電力を4Ω負荷に供給
  • フィルタレスアンプは7.6cmケーブルでFCC放射規格に適合
  • 効率:92%
  • 高PSRR:81dB (1kHz時)
  • 低THD+N:0.02%
  • 外部クロック同期によって複数のマキシムD級アンプをカスケード接続
  • ロジック選択可能な利得:6dB、12dB、18dB、24dB
  • 単一電源動作:3.0V~5.5V
  • クリック/ポップノイズ抑制内蔵
  • 低電力シャットダウンモード:0.1µA
  • ミュート機能
  • 短絡および熱過負荷保護
  • 完全実装および試験済み表面実装基板

アプリケーション/用途

  • 携帯電話/PDA
  • フラットパネルPCモニタ
  • LCDプロジェクタ
  • LCD TV
  • ノートブックPC
  • ポータブルDVDプレーヤー

説明

MAX9759の評価キット(EVキット)は完全実装および試験済み表面実装回路ボードで、MAX9759を使って、ポータブルオーディオアプリケーションでモノラルブリッジ接続負荷(BTL)スピーカを駆動します。このEVキットは3.0V~5.5VのDC電源で動作するように設計されており、3.2Wの連続電力を4Ω負荷に供給することができます。

MAX9759のEVキットは差動またはシングルエンド入力信号を受け付け、各種スイッチング周波数の動作モードの中から選択可能で、複数のマキシムD級アンプの外部クロック同期を可能にします。

技術資料

データシート MAX9759の評価キット Aug 16, 2005

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。