先頭に戻る

BassMax、I²C、音量および利得制御付き、DirectDrive、ヘッドフォンアンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 105mWのDirectDriveヘッドフォンアンプによって大容量出力コンデンサが不要
  • 単一電源動作:2.7V~5.5V
  • 64レベルの音量制御内蔵
  • 高PSRR:85dB (1kHzにおいて)
  • バスブーストをソフトウェアで実現(BassMax)
  • 業界最先端のクリック/ポップノイズ抑制
  • HBM ESD保護ヘッドフォン出力:±7kV
  • 短絡および過熱/過負荷保護
  • 低電力シャットダウンモード:8µA
  • 低THD+N:0.02%
  • I²C/SMBus対応インタフェース
  • 省スペース、放熱効果に優れるパッケージで提供
    • 20ピンUCSP (2mm x 2.5mm x 0.62mm)
    • 20ピンTQFN (4mm x 4mm x 0.75mm)

アプリケーション/用途

  • 車載後部座席エンタテイメント(RSE)
  • 携帯電話
  • フラットパネルTV
  • MP3/PMPプレーヤー
  • ポータブルCD/DVD/MDプレーヤー

説明

MAX9726はBassMaxおよび音量制御付きステレオDirectDrive®ヘッドフォンアンプで、面積と性能を重視するポータブルオーディオアプリケーションに最適です。MAX9726は2.7V~5.5Vの単一電源で動作し、外付け部品点数、システムコスト、基板面積を削減し、オーディオ再生を改善する機能を備えています。85dBの高PSRRによって、MAX9726はバッテリ駆動電源との直接接続に最適で、専用LDOが不要になります。MAX9726は、電源投入と電源切断時の可聴トランジェントを低減/排除するマキシムの業界最先端のクリック/ポップ抑制回路を内蔵しています。

ヘッドフォンアンプは、単一電源からグランド基準出力を生成するマキシムのDirectDriveアーキテクチャを採用しているため、大容量出力コンデンサが不要になります。ヘッドフォンアンプは105mWを32Ω負荷に供給し、0.02%の低THD+Nを備えています。

BassMax機能によってアンプの低音域応答が向上し、安価なヘッドフォン使用時のオーディオ再生が向上します。内蔵の音量制御は64の各音量レベルを備え、外付けポテンショメータが不要になります。外付け抵抗によってMAX9726の総利得が設定され、カスタム利得設定が可能です。

BassMaxおよび音量制御は、I²C/SMBus™対応インタフェースを通じて有効になります。ハードウェアまたはソフトウェアインタフェースを通じて、シャットダウンを制御することができます。

MAX9726はわずか5.5mAの消費電流で、短絡および過熱/過負荷保護を行い、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。MAX9726は、小型(2mm x 2.5mm x 0.62mm) 20ピンのチップスケールパッケージ(UCSP™)および20ピンTQFNパッケージ(4mm x 4mm x 0.75mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX9726:簡易ブロックダイアグラム MAX9726:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。