先頭に戻る

差動入力DirectDriveラインドライバ/ヘッドフォンアンプ

フレキシブルなゲインおよび低ノイズ性能の、デュアルユースヘッドフォンアンプおよびラインドライバ

製品の詳細

MAX97220_は、差動入力DirectDrive®ラインドライバ/ヘッドフォンアンプです。このデバイスは、5V電源を使用して1kΩに対して3VRMSでラインレベルの負荷を駆動することが可能で、また3.3V電源から600Ωの負荷を2VRMSで駆動することが可能です。ヘッドフォン負荷の場合、5V電源を使用して32Ωに対して125mWで駆動することができます。このICは内部的に固定された6dBの利得または外付け抵抗によって外部的に設定可能な利得を備えています。外部利得設定端子は、セットトップボックスアプリケーション用のフィルタの設定にも使用可能です。このICはオーディオ帯域全体にわたって非常に優れたTHD+Nを示します。

ターンオン時間(tON)の異なる2種類のバージョンのICが提供されます。ヘッドフォンアプリケーション向けのA、C、およびEバージョンはtONが5.5msで、セットトップボックスアプリケーション向けのBおよびDバージョンはtONが130msです。チップに内蔵されたチャージポンプが電源入力を反転して負のレイルを生成します。アンプの出力段は正の入力電源とチャージポンプの出力の間で給電されます。バイポーラ電源によって出力がグランドにバイアスされるため、歪みの原因となる大型の出力カップリングコンデンサが不要です。このICは電源オン/オフ時のクリック/ポップがありません。

このICは3mm × 3mm × 0.8mm、16ピンTQFNで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

主な機能

  • 出力:5V電源で32Ωに対して125mW
  • 5V電源で1kΩに対して3VRMSの出力駆動
  • 3.3V電源で600Ωに対して2VRMSの出力駆動
  • 完全差動入力
  • クリック/ポップなしで固定または外部で利得調整可能
  • 広い動作範囲:2.5V~5.5V
  • DirectDrive出力によってDCブロッキングコンデンサが不要
  • フラットなTHD+N:オーディオ帯域で90dB以上
  • 18ビットSNR性能:112dB
  • MAX9722とフットプリント互換

アプリケーション/用途

  • Blu-rayおよびDVDプレーヤー
  • LCDテレビ
  • プロ仕様対応のオーディオデバイス
  • セットトップボックス
  • シンプルなマルチメディアインタフェース
Parametric specs for Headphone Amplifiers
Headphone Amplifier VCC (V) (min) 2.5
Headphone Amplifier VCC (V) (max) 5.5
Headphone Amplifier ICC (mA) (typ) 5
Hdph. Amp. POUT into 32Ω (mW) (@ 1% THD+N) 125
Headphone Amplifier Half-Power THD+N (%) 0.0035
SNR (dB) (A- Weighted) 102
PSRR (dB) (min) 90
Headphone Amplifier External Gain Yes
Package/Pins SOIC(N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
$0.49 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX97220A、MAX97220B、MAX97220C、MAX97220D:簡易ブロックダイアグラム MAX97220A、MAX97220B、MAX97220C、MAX97220D:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX97220Aの評価キット(EVキット)は、差動入力DirectDrive®ラインドライバ/ヘッドフォンアンプのMAX97220Aを評価する完全実装および試験済み回路基板です。このデバイスは、5V電源時、32Ωを125mWで駆動、または600Ω負荷を3VRMSで駆動することができます。

このEVキットは、外部設定された利得を備えており、2.5V~5.5Vの単一電源で駆動し、シャットダウン入力を備えています。また、このEVキットはMAX97220B、MAX97220C、またはMAX97220Dデバイスも評価します。このEVキットをお求めの際に、MAX97220B、MAX97220C、および/またはMAX97220D ICの無料サンプルもご請求ください。

詳細を見る

特長

  • 単一電源動作:2.5V~5.5V
  • 3VRMS出力で600Ω負荷を駆動
  • 125mWヘッドフォンアンプ
  • 完全差動入力
  • 外部調整可能な利得
  • 低電力シャットダウン入力
  • MAX97220B、MAX97220C、およびMAX97220Dを評価(IC交換必要)
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Headphone Amplifiers
Headphone Amplifier VCC (V) (min) 2.5
Headphone Amplifier VCC (V) (max) 5.5
Headphone Amplifier ICC (mA) (typ) 5
Hdph. Amp. POUT into 32Ω (mW) (@ 1% THD+N) 125
Headphone Amplifier Half-Power THD+N (%) 0.0035
SNR (dB) (A- Weighted) 102
PSRR (dB) (min) 90
Headphone Amplifier External Gain Yes
Package/Pins SOIC(N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
$0.49 @1k

主な機能

  • 出力:5V電源で32Ωに対して125mW
  • 5V電源で1kΩに対して3VRMSの出力駆動
  • 3.3V電源で600Ωに対して2VRMSの出力駆動
  • 完全差動入力
  • クリック/ポップなしで固定または外部で利得調整可能
  • 広い動作範囲:2.5V~5.5V
  • DirectDrive出力によってDCブロッキングコンデンサが不要
  • フラットなTHD+N:オーディオ帯域で90dB以上
  • 18ビットSNR性能:112dB
  • MAX9722とフットプリント互換

アプリケーション/用途

  • Blu-rayおよびDVDプレーヤー
  • LCDテレビ
  • プロ仕様対応のオーディオデバイス
  • セットトップボックス
  • シンプルなマルチメディアインタフェース

説明

MAX97220_は、差動入力DirectDrive®ラインドライバ/ヘッドフォンアンプです。このデバイスは、5V電源を使用して1kΩに対して3VRMSでラインレベルの負荷を駆動することが可能で、また3.3V電源から600Ωの負荷を2VRMSで駆動することが可能です。ヘッドフォン負荷の場合、5V電源を使用して32Ωに対して125mWで駆動することができます。このICは内部的に固定された6dBの利得または外付け抵抗によって外部的に設定可能な利得を備えています。外部利得設定端子は、セットトップボックスアプリケーション用のフィルタの設定にも使用可能です。このICはオーディオ帯域全体にわたって非常に優れたTHD+Nを示します。

ターンオン時間(tON)の異なる2種類のバージョンのICが提供されます。ヘッドフォンアプリケーション向けのA、C、およびEバージョンはtONが5.5msで、セットトップボックスアプリケーション向けのBおよびDバージョンはtONが130msです。チップに内蔵されたチャージポンプが電源入力を反転して負のレイルを生成します。アンプの出力段は正の入力電源とチャージポンプの出力の間で給電されます。バイポーラ電源によって出力がグランドにバイアスされるため、歪みの原因となる大型の出力カップリングコンデンサが不要です。このICは電源オン/オフ時のクリック/ポップがありません。

このICは3mm × 3mm × 0.8mm、16ピンTQFNで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡略化されたブロック図

MAX97220A、MAX97220B、MAX97220C、MAX97220D:簡易ブロックダイアグラム MAX97220A、MAX97220B、MAX97220C、MAX97220D:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。