先頭に戻る

50mW、DirectDrive®、SmartSense™およびシャットダウン付きステレオヘッドフォンアンプ

SmartSenseおよびシャットダウン付き、50mW、DirectDrive、ステレオヘッドフォンアンプ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Headphone Amplifiers
Headphone Amplifier VCC (V) (min) 1.8
Headphone Amplifier VCC (V) (max) 3.6
Headphone Amplifier ICC (mA) (typ) 5
Hdph. Amp. POUT into 32Ω (mW) (@ 1% THD+N) 50
Headphone Amplifier Half-Power THD+N (%) 0.006
SNR (dB) (A- Weighted) 100
PSRR (dB) (min) 92
Headphone Amplifier External Gain No
Headphone Amplifier Fixed Gain (|V/V|) (min) 1
Headphone Amplifier Fixed Gain (|V/V|) (max) 1.41
Package/Pins TSSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
1.11
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Headphone Amplifiers
Headphone Amplifier VCC (V) (min) 1.8
Headphone Amplifier VCC (V) (max) 3.6
Headphone Amplifier ICC (mA) (typ) 5
Hdph. Amp. POUT into 32Ω (mW) (@ 1% THD+N) 50
Headphone Amplifier Half-Power THD+N (%) 0.006
SNR (dB) (A- Weighted) 100
PSRR (dB) (min) 92
Headphone Amplifier External Gain No
Headphone Amplifier Fixed Gain (|V/V|) (min) 1
Headphone Amplifier Fixed Gain (|V/V|) (max) 1.41
Package/Pins TSSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
1.11

主な特長

  • DirectDriveによりかさばるDCブロッキングコンデンサ不要
  • SmartSense自動短絡検出
  • 低自己消費電流:5mA
  • 固定利得により外付けフィードバックネットワークを削除
    • MAX9720A:-1V/V
    • MAX9720B:-1.41V/V
  • チャネル当たりの出力電力:50mW
  • 超低THD+N:0.003%
  • 高PSRR:92dB (217Hzで)
  • クリック/ポップノイズ抑制回路内蔵
  • 単一電源動作:1.8V~3.6V
  • サーマル過負荷保護
  • 省スペースパッケージで提供
    • 16バンプUCSP (2mm x 2mm x 0.6mm)
    • 16ピンTSSOP

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • MP3プレーヤー
  • ノートブックコンピュータ
  • PDA
  • ポータブルオーディオ機器
  • スマートフォン
  • タブレットPC

説明

MAX9720はステレオヘッドフォンアンプで、マキシムのDirectDriveアーキテクチャおよび自動モノラル/ステレオ検出機能のSmartSenseを内蔵しています。従来型のヘッドフォンアンプでは、ヘッドフォンとアンプ間に大容量のDCブロッキングコンデンサが必要です。DirectDriveは単一電源からグランド基準の出力を生成するため、大容量DCブロッキングコンデンサが不要になり、コスト、基板面積、および部品の高さが削減されます。

SmartSenseによって、左または右のアンプ出力で短絡の有無が自動検出されます。障害状態時には短絡出力は自動的にディセーブルされ、ステレオ入力信号は自動的にミックスされて残っているアクティブチャネルに送出されます。この機能は負荷が不明の各種ヘッドフォンジャックをヘッドフォンジャックソケットに差し込まれることもある携帯電話やPDAアプリケーションに役立ちます。SmartSenseによって、アンプの損傷と短絡負荷へのバッテリ電流流出が排除されます。

MAX9720はチャネル当たり最大50mWを16Ω負荷に供給し、0.003%の超低THD+Nを備えています。高い電源除去比(PSRR) (217kHzで92dB)によって、デバイスは電源調整を追加することなくノイズの多いディジタル電源で動作することができます。MAX9720の利得は内部で設定されるため、部品点数がさらに削減されます。2種類の利得オプションが提供されます(MAX9720Aで-1V/V、MAX9720Bで-1.41V/V)。ヘッドフォン出力には、スタートアップおよびシャットダウン時の可聴グリッチを除去する統合クリック/ポップ回路が内蔵されています。シャットダウンモードは、250µsの高速ターンオン時間を備えています。

MAX9720は1.8V~3.6Vの単一電源で動作し、消費電流はわずか5mAです。MAX9720はサーマル過負荷保護も搭載し、-40℃~+85℃の工業用拡張温度範囲の動作が保証されています。MAX9720は、小型(2mm x 2mm x 0.6mm)、16バンプ、チップスケールパッケージ(UCSP™)、および16ピンTSSOPパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX9720、MAX9720A、MAX9720B:標準動作回路 MAX9720、MAX9720A、MAX9720B:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。