先頭に戻る

低コスト、モノラル、1.4W BTLオーディオパワーアンプ

4Ωに最大1.3W、ヘッドフォン検出、およびピンコンパチブルパッケージを提供する低コストスピーカアンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Speaker Amplifiers
# Channels 1
Class AB
Spkr. Amp. VCC (V) (min) 2.7
Spkr. Amp. VCC (V) (max) 5.5
Spkr. Amp. ICC (mA) (typ) 4.3
POUT into 4Ω @ 1% THD+N (W) (min) 1.4
POUT into 4Ω @ 10% THD+N (W) (min) 2
POUT into 8Ω @ 1% THD+N (W) (min) 1.1
POUT into 8Ω @ 10% THD+N (W) (min) 1.3
Spkr. Amp. Half Pwr. THD+N (%) 0.02
SNR (dB) (A- Weighted) 108
PSRR (dB) (min) 80
Package/Pins TDFN/8
Budgetary
Price (See Notes)
0.4
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Speaker Amplifiers
# Channels 1
Class AB
Spkr. Amp. VCC (V) (min) 2.7
Spkr. Amp. VCC (V) (max) 5.5
Spkr. Amp. ICC (mA) (typ) 4.3
POUT into 4Ω @ 1% THD+N (W) (min) 1.4
POUT into 4Ω @ 10% THD+N (W) (min) 2
POUT into 8Ω @ 1% THD+N (W) (min) 1.1
POUT into 8Ω @ 10% THD+N (W) (min) 1.3
Spkr. Amp. Half Pwr. THD+N (%) 0.02
SNR (dB) (A- Weighted) 108
PSRR (dB) (min) 80
Package/Pins TDFN/8
Budgetary
Price (See Notes)
0.4

主な特長

  • 単一電源動作:2.7V~5.5V
  • 1.4Wを1%のTHD+Nで4Ω負荷に供給
  • 低電力シャットダウンモード:10nA
  • PSRR:73dB (1kHz時)
  • 電源の投入/切断時の可聴クリック/ポップを排除
  • 利得の内部設定によって部品点数を削減(MAX9717B/C/D)
  • 可変利得のオプション(MAX9716/MAX9717A)
  • ヘッドフォンが接続されたことをアクティブローBTL/SE入力端子が検出(MAX9717)
  • LM4890とピンコンパチブル(MAX9716)
  • TPA711とピンコンパチブル(MAX9717A)
  • 熱強化された小型、µMAXおよびTDFN (3mm x 3mm)パッケージで提供

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • PDA
  • ポータブル機器

説明

オーディオパワーアンプのMAX9716/MAX9717は、スピーカを内蔵するポータブルオーディオ機器に最適です。ブリッジ接続負荷(BTL)アーキテクチャは外付け部品点数を最小限に抑え、また高品質のオーディオ再生を実現します。両製品は+5Vの単一電源で動作させる場合、1.4Wの連続電力を1%以下の全高調波歪み(THD)で4Ωの負荷に供給します。8Ωの負荷に対して、両製品は1Wの連続電力を供給します。また、これらの製品は+3.0Vの単一電源で動作させる場合、350mWの連続電力を8Ωの負荷に供給します。これらの製品は、可変利得アンプとして(MAX9716/MAX9717A)、または6dB、9dB、および12dBの内部設定利得として(MAX9717B/MAX9717C/MAX9717D)使用することが可能で、部品点数を削減します。

低電力シャットダウンモードはバイアス発生器とアンプをディセーブルし、自己消費電流を10nA以下に低減します。これらのデバイスはマキシムの業界トップクラスの包括的なクリックアンドポップノイズ抑制回路を備え、これによって起動およびシャットダウン時の可聴クリック/ポップノイズが低減します。

MAX9717はヘッドフォン検出入力(アクティブローBTL/SE)を備え、ヘッドフォンがこのデバイスに接続されたことが、この入力によって検出され、BTLスレーブドライバがディセーブルとなり、スピーカをミュートとして、ヘッドフォンがシングルエンド負荷として駆動されます。MAX9716はLM4890とピンコンパチブルで、9バンプUCSP™、8ピンTDFN (3mm x 3mm)、および8ピンµMAX®パッケージで提供されます。MAX9717は、9ピンUCSP、8ピンTDFN、および8ピンµMAXパッケージで提供されます。両製品とも、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX9716、MAX9717:ピン配置 MAX9716、MAX9717:ピン配置 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。