先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 単一DC電源動作:4.5V~5.5V
  • 3 x 2.3Wを3個の4Ωスピーカに供給(2.1スピーカソリューション)
  • 2 x 95mWを16Ωステレオヘッドフォンに供給(MAX9706)
  • クロスオーバ周波数を選択可能なアクティブクロスオーバフィルタを内蔵
  • 選択可能な利得
  • スペクトラム拡散変調または固定周波数変調を選択可能
  • 入力/出力同期信号
  • シャットダウン電流:0.5µA (typ)
  • 省スペース36ピンTQFN (6mm x 6mm x 0.8mm)パッケージ
  • 完全実装および試験済み
  • MAX9707も評価(IC置換が必要)

アプリケーション/用途

  • 2.1スピーカソリューション
  • デスクトップPC
  • マルチメディアモニタ
  • ノートブックオーディオソリューション
  • ポータブルDVDプレーヤー
  • テーブルトップLCD TV

説明

MAX9706の評価キット(EVキット)は、MAX9706およびMAX9707のICを評価する完全実装および試験済み回路ボードです。MAX9706/MAX9707はアクティブクロスオーバ付きの3個のD級アンプを備え、ステレオハイパス出力とモノラルローパス出力を供給します。このICには、アクティブクロスオーバフィルタ用の外付け部品は不要です。また、MAX9706は、DirectDrive®ステレオヘッドフォンアンプも備えています。

MAX9706のスピーカアンプは4.5V~5.5VのDC電源で動作し、2.3Wの連続電力を3個の4Ωの各スピーカに供給します。評価を容易にするために3種類のスピーカ出力フィルタリングオプションを利用可能です(「出力フィルタリング(Output Filtering)」の項を参照)。

MAX9706のヘッドフォンアンプは3V~5.5VのDC電源で動作し、チャネル当り最大95mWを16Ωのステレオヘッドフォンに供給します。MAX9706のヘッドフォン検出がヘッドフォンの挿入を検出すると、MAX9706はヘッドフォンモードに自動的に移行します。

このEVキットは、固定周波数変調(FFM)モードまたはスペクトラム拡散変調(SSM)モードを選択するオプションを備えています。このEVキットを外部クロックと同期することができ、EVキットは複数機器をシステム内でカスケード接続可能な同期出力を備えています。

MAX9706のEVキットの利得をジャンパで選択することができます。また、このEVキットは、ステレオハイパス出力とモノラルローパス出力とのクロスオーバ周波数を選択するオプションも備えています。MAX9706のシャットダウン時の消費電流は、わずか0.5µA (typ)です。

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。