先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX9701の評価キット Nov 17, 2005

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • スペクトラム拡散変調によって放射RFエミッションを低減
  • 単一電源動作:2.5V~5.5V
  • 1Wのステレオ出力(8Ω、VDD = 5V、THD+N = 1%)
  • 低THD+N:0.05%
  • 高PSRR:70dB
  • LC出力フィルタ不要
  • 効率:85% (RL = 8Ω、POUT = 500mW)
  • 完全差動入力
  • クリック/ポップノイズ抑制内蔵
  • 低自己消費電流:8.5mA
  • 低電力シャットダウンモード:0.1µA
  • 短絡およびサーマル過負荷保護

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • ドッキングステーション
  • 携帯ゲーム用コンソール
  • MP3プレーヤー
  • ノートブック

説明

MAX9701の評価キット(EVキット)は、ポータブルオーディオアプリケーションでステレオブリッジ接続負荷(BTL)スピーカを駆動するフィルタレスD級アンプのMAX9701を使用する完全実装および試験済み回路ボードです。このEVキットは2.5V~5.5VのDC電源で動作するように設計され、チャネル当り1Wを8Ω負荷に供給することができます。

このEVキットは差動またはシングルエンド入力信号を受け付け、各スイッチング周波数動作モードの中から選択するオプションを備えています。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX9701の評価キット Nov 17, 2005

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。