先頭に戻る

80mW、固定利得、DirectDrive、シャットダウン付きステレオヘッドフォンアンプ

出力コンデンサおよび利得設定抵抗をなくすユニークな低コストヘッドフォンアンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 大容量DCブロッキングコンデンサ不要
  • 固定-1.5V/V利得によって、外部フィードバックネットワークを排除:
    • MAX4411:-1.5V/V
    • MAX4411B:-2V/V
  • グランド基準出力によって、ヘッドフォングランドピンのDCバイアス電圧を排除
  • 出力コンデンサに起因する低周波応答の悪化なし
  • 16Ω負荷にチャネル当たり80mWを出力
  • 低THD+N:0.003%
  • 高PSRR:86dB (217Hz時)
  • クリックアンドポップ音抑制回路内蔵
  • 1.8V~3.6Vの単一電源動作
  • 低自己消費電流:5mA
  • 左右独立の低電力シャットダウン制御
  • 短絡/熱過負荷保護
  • ±8kV ESD保護のアンプ出力
  • 省スペースパッケージ:
    • 16ピンUCSP (2mm x 2mm x 0.6mm)
    • 20ピンTQFN (4mm x 4mm x 0.8mm)

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • MP3プレーヤー
  • ノートブックコンピュータ
  • PDA
  • ポータブルオーディオ機器
  • スマートフォン

説明

固定利得、ステレオヘッドフォンアンプのMAX4411は、基板スペースが重視されるポータブル機器用に設計されています。MAX4411は、ユニークなDirectDrive®アーキテクチャを採用しており、単一電源からグランド基準出力を生成するため、大容量のDCブロックコンデンサが不要となり、コスト、基板スペース、および部品高さを削減することができます。また、アンプの利得 (MAX4411では-1.5V/V、MAX4411Bでは-2V/V)が内部で設定されるため、部品数をさらに削減することができます。

MAX4411は、16Ω負荷にチャネル当たり最大80mWを出力し、0.003%の低いTHD+Nを実現します。このデバイスは、217Hzでの電源除去比(PSRR)が86dBであるためノイズの多いディジタル電源でもリニアレギュレータなしで動作します。MAX4411は、ヘッドフォン出力に±8kVのESD保護を備えています。総合的なクリックアンドポップ回路が電源起動およびシャットダウン時の可聴クリック/ポップ音を抑制します。左右独立の低電力シャットダウン制御によって、混合モード、モノラル/ステレオアプリケーションの節電を最も効果的に行うことができます。

MAX4411は、1.8V~3.6Vの単一電源で動作し、消費電流はわずか5mAです。また、短絡/熱過負荷保護を備え、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。MAX4411は、小型(2mm x 2mm x 0.6mm)、16ピンチップスケールパッケージ(UCSP™)、および20ピンTQFNパッケージ(4mm x 4mm x 0.8mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX4411、MAX4411B:標準アプリケーション回路 MAX4411、MAX4411B:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。