先頭に戻る

80mW、DirectDrive、コモンモード検出付きステレオヘッドフォンアンプ

80mW、DirectDrive、コモンモード検出付き、ステレオヘッドフォンアンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 大容量の出力コンデンサ不要
  • グランド基準出力によって、ヘッドフォングランドピンのDCバイアス電圧を排除
  • コモンモード電圧検出によるグランドループノイズの除去
  • CMRR:96dB
  • 出力コンデンサに起因する低周波応答の悪化なし
  • チャネル当たり80mWを16Ωに出力
  • 低THD+N:0.002%
  • 高PSRR:86dB
  • クリックアンドポップノイズ抑制回路内蔵
  • 1.8V~3.6Vの単一電源動作
  • 低自己消費電流
  • 低電力シャットダウンモード
  • 短絡および熱過負荷保護
  • ±8kV ESD保護アンプ出力
  • 省スペースパッケージで入手可能
    • 20ピンTQFN (4mm x 4mm x 0.8mm)

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • デスクトップPC
  • MP3プレーヤー
  • ノートブックコンピュータ
  • PDA
  • ポータブルオーディオ機器
  • タブレットPC

説明

ステレオヘッドフォンアンプのMAX4409は、マキシムのDirectDrive®構成とコモンモード検出入力を備えています。コモンモード検出入力によってコモンモードノイズを除去することができます。従来のヘッドフォンアンプでは、ヘッドフォンとアンプ間に大容量の出力コンデンサが必要でした。しかし、DirectDriveでは、単一電源からグランド基準出力を生成するため、大容量の出力コンデンサが不要となり、コスト、基板スペース、および部品高さを削減することができます。コモンモード電圧検出は、アンプのSGNDとヘッドフォンリターン間の差を補正します。この機能によって、家庭のHiFiシステムに接続されているPCなどのように、他のグランド接続された機器へのラインアウト接続としてHPソケットを使用した際のグランドループノイズが最小限に抑えられます。

MAX4409は、消費電流がわずか5mAで、チャネル当たり最大80mWを16Ω負荷に出力し、0.002%の低いTHD+Nを実現します。このデバイスは、電源除去比が86dBと高いため、電源調整なしでノイズの多いディジタル電源で動作します。MAX4409は、ヘッドフォン出力に±8kV ESD保護を備えています。総合的なクリックアンドポップ回路によって、電源起動およびシャットダウン時の可聴クリック/ポップ音が除去されます。低電力シャットダウンモードでは、消費電流がわずか6µAまで減少します。

MAX4409は、1.8V~3.6Vの単一電源で動作し、短絡および熱過負荷保護を備えています。また、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。MAX4409は、4mm x 4mm x 0.8mmの小型20ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX4409:標準アプリケーション回路 MAX4409:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。