先頭に戻る

差動マイクロフォンプリアンプ、内部バイアスおよび完全シャットダウン付

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Microphone Amplifiers
# Channels 2
VSUPPLY (V) (min) 2.4
VSUPPLY (V) (max) 5.5
IQ (mA) (typ) 0.75
THD+N (%) 0.05
en (nV/√Hz) 12
PSRR (dB) (min) 95
Input Type Differential with Aux
Package/Pins TQFN/16
TSSOP/14
Budgetary
Price (See Notes)
0.56
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Microphone Amplifiers
# Channels 2
VSUPPLY (V) (min) 2.4
VSUPPLY (V) (max) 5.5
IQ (mA) (typ) 0.75
THD+N (%) 0.05
en (nV/√Hz) 12
PSRR (dB) (min) 95
Input Type Differential with Aux
Package/Pins TQFN/16
TSSOP/14
Budgetary
Price (See Notes)
0.56

主な特長

  • 2.4V~5.5V単一電源動作
  • 差動入力および出力
  • 可変利得
  • 高PSRR:95dB
  • 高CMRR:79dB
  • 低ノイズ、内蔵マイクロフォンバイアス
  • 消費電流:750µA
  • シャットダウン電流:0.3µA
  • ESD保護(AUX_IN):±4kV
  • THD+N:0.05% (1kHz時)
  • 省スペースパッケージ
    • 14ピンTSSOP
    • 16ピンTQFN (4mm x 4mm x 0.8mm)

アプリケーション/用途

  • ノートブックオーディオシステム
  • PDAオーディオシステム
  • 信号調整
  • タブレットPC

説明

MAX4063は、高性能のポータブルアプリケーションに最適な差動入力マイクロフォンプリアンプです。このデバイスは、2つの選択可能な入力、差動出力、可変利得、内蔵低ノイズバイアスソース、および低電力シャットダウンモードを備えています。2つの入力経路は、差動、シングルエンド両方のマイクロフォン検出を行います。差動入力の高ノイズ除去特性は、システムノイズとロングランの古いPCBパターンによって低レベル信号が悪影響を受ける可能性のある内部マイクロフォンに最適です。シングルエンド入力によって外部マイクロフォンへの接続が容易になります。

差動およびシングルエンド入力は、1個の外付け抵抗器によって設定される独立した可変利得を備えています。差動出力は、3Vの単一電源から最大6VP-Pのフルスケール信号を発生するため、最適なダイナミックレンジの増幅信号が得られます。完全シャットダウンモードでは、消費電流をわずか0.3µAまで減少し、マイクロフォンバイアスをディセーブルして節電します。

MAX4063は、2.4V~5.5Vで動作し、-40℃~+85℃の工業用拡張温度範囲での動作が保証されています。MAX4063は、16ピンTQFN (4mm x 4mm x 0.8mm)および14ピンTSSOPパッケージの両方で提供されます。

簡易ブロック図

MAX4063:標準動作回路 MAX4063:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。