先頭に戻る

低電力ヘッドセット検出器、SEND/ENDボタン対応

完全オーディオヘッドセットジャック検出ソリューション

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 3.5mmジャック挿入検出
  • 簡易なインタフェース:1つの入力/2つのオープンドレイン出力
  • 低電力マイクロフォンモード
  • 低ノイズ、高PSRRマイクロフォンバイアス発生器
  • クリック/ポップ抑制
  • MICおよびDETIN入力の高ESD保護
    • ±15kVヒューマンボディモデル(HBM)

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 電子書籍リーダー
  • タブレットPC

説明

MAX14579E/MAX14579AEは、マイクロフォンを備えた3.5mmステレオヘッドセットの挿入を検出し動作を管理するための簡易なソリューションを提供します。これらのデバイスは、SEND/ENDボタンのプレスイベントの検出、およびマイクロフォンに必要なバイアス電圧生成のために必要な全回路を備えています。

これらのデバイスは、ホストコントローラから3つのGPIOのみで管理され、コールモードとスタンバイモードのいずれかを選択し、SEND/ENDおよびジャック挿入ステータスを監視します。コールモードでは、DCバイアスを外部でプリアンプされたマイクロフォンに供給するために、低ノイズLDOがイネーブルされます。スタンバイモードでは、SEND/ENDボタンのプレスイベントの待機中の消費電流を低減するとともに、マイクロフォン低電力パルスがイネーブルされます。抜き挿し、またはSEND/ENDボタンプレスイベントが発生すると、2つのオープンドレイン出力がホストコントローラに通知します。

MAX14579E/MAX14579AEは、ノーマリオープンジャック挿入スイッチを備えた3.5mmソケットを監視することによって、ジャック挿入検出を管理します。

各デバイスは、8ピンTDFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。