先頭に戻る

MAX13330およびMAX13331の評価キット

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX13330およびMAX13331の評価キット Sep 30, 2009

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • DCブロッキングコンデンサが不要
  • 4V~5.5Vの単一電源動作
  • 可変利得(MAX13331のみ)
  • 32Ωに対し0.01%のTHD+Nでチャネル当り125mW
  • シャットダウン制御
  • 非常にコンパクトなソリューション
  • 薄型(1.2mmm、max)設計
  • 鉛(Pb)フリーおよびRoHS準拠
  • 完全実装および試験済み表面実装ボード

アプリケーション/用途

  • 車載エンタテイメントシステム
  • 車載後部座席エンタテイメントシステム

説明

MAX13331の評価キット(EVキット)は、DirectDrive®ステレオヘッドフォンアンプのMAX13331を評価するための完全実装および試験済み表面実装回路ボードです。DirectDriveは、アンプの出力とヘッドフォンの間に通常は必要となる、2つの大容量のDCブロッキングコンデンサを不要にします。MAX13331のEVキットは、入力側に2つのRCAフォノジャックおよび出力側に3.5mmのヘッドフォンジャックを備えており、回路基板との接続を容易にします。

MAX13331のEVキットは、MAX13330 ICの評価をすることもできます。その場合にはU1のICを交換する必要があります。

技術資料

データシート MAX13330およびMAX13331の評価キット Sep 30, 2009

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。