先頭に戻る

I²C制御および診断内蔵、デュアル車載、オーディオラインドライバ

車内で高品質のアナログオーディオを高い信頼性で伝送する車載オーディオラインドライバ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Audio Amp/Line Driver/Receiver ICs
VSUPPLY (V) 4.5 to 18
Input Type Differential
# Channels 2
Fixed Gain (dB) 0
PSRR (dB) (min) -96
CMRR (dB) (typ) -80
SNR (dB) 112
Interface I2C
CLOAD Drive Capability 3nF Differential
4nF to GND
Oper. Temp. (°C) -40 to +105
Budgetary
Price (See Notes)
3.78
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Audio Amp/Line Driver/Receiver ICs
VSUPPLY (V) 4.5 to 18
Input Type Differential
# Channels 2
Fixed Gain (dB) 0
PSRR (dB) (min) -96
CMRR (dB) (typ) -80
SNR (dB) 112
Interface I2C
CLOAD Drive Capability 3nF Differential
4nF to GND
Oper. Temp. (°C) -40 to +105
Budgetary
Price (See Notes)
3.78

主な特長

  • I²Cインタフェースによる総合的なプログラマビリティと診断
  • スタンドアロンモードでのオートリトライ機能
  • 駆動容量負荷:3nF以下(差動の場合)、4nF以下(グランドの場合)
  • 信号対ノイズ比:112dB
  • 0.002%の低いTHD (4VRMS)を2.7kΩ負荷に供給
  • 高いPSRR:70dB (1kHzの場合)
  • 高いCMRR:80dB (1kHzの場合)
  • 低出力ノイズ:3µVRMS (MAX13326)
  • 優れたチャネル間マッチング
  • ロードダンプトランジェント保護
  • さまざまな短絡状態から出力を保護
  • ESD保護:±8kV接触放電、±15kVエアギャップ
  • 長距離駆動性能:標準で最大15m以上
  • ノイズ除去差動入力および出力
  • 低電力シャットダウンモード:10µA以下
  • ハードウェアまたはソフトウェアMUTE機能
  • エクスポーズドパッドを備えた28ピンTSSOPパッケージ

アプリケーション/用途

  • 車載ラジオおよび後部座席エンタテイメント
  • プロ用リモートオーディオアンプ

説明

デュアルオーディオラインドライバのMAX13325/MAX13326は、高い信頼性を持つ車載オーディオコンポーネント間の差動インタフェースを備えています。これらのデバイスは、差動入力および出力、出力診断を内蔵し、I²Cインタフェースを使用して制御するか、スタンドアロンモードで動作します。各出力は最大4VRMSを100Ωの負荷に供給することができます。

MAX13325は12dBの固定利得で長いケーブル上を伝送するためのアナログオーディオ信号をバッファし、MAX13326は0dBの固定利得を備えています。出力の診断は、GND短絡、バッテリ短絡、過電流、温度過昇、および過度のオフセットを含むチャネルごとの状態を報告します。出力アンプは、最大4nFの容量負荷をグランドに駆動し、3nFを差動駆動することができます。

各出力は、IEC 61000-4-2の±8kV接触放電、および±15kVエアギャップに基づいて保護されます。MAX13325/MAX13326は、-40℃~+105℃が保証されており、エクスポーズドパッドを備えた28ピンTSSOPパッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX13325、MAX13326:標準動作回路 MAX13325、MAX13326:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。