MAX13301

4チャネル、車載用D級オーディオアンプ

完全車載診断およびロードダンプ保護を備え、広い動作電圧範囲(6V~25.5V)を提供


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX13301は、4つの高効率D級アンプを高信頼車載オーディオシステム用の内蔵診断ハードウェアと組み合わせて、24V電源動作においてチャネル当り10%のTHD+Nで最大80Wを4Ωに供給します。

内蔵の診断は、各チャネルの出力インピーダンスを評価し、出力間、バッテリまたはグランドへの短絡をチェックします。I²Cインタフェースによって、システムはデバイス温度や出力クリッピングなどの重要なデバイスパラメータを問い合わせることができます。このデバイスは、4つの異なるI²Cアドレスにプログラム可能です。

オーディオアンプは、1つのコモン負入力を含むシングルエンドアナログ入力を備えています。MAX13301は、26dBの固定利得を備えています。

D級アンプは、300kHz~750kHz範囲の10段階に設定可能なスイッチング周波数を備えています。

BTL出力は、短絡および熱過負荷から保護されます。これらの出力は、2、3、または4チャネルアンプとして構成可能です。このデバイスは、50Vのロードダンプ保護を備え、熱特性に優れた48ピンTSSOP-EPRパッケージで提供され、-40℃~+125℃の温度範囲で動作します。
MAX13301:標準動作回路 MAX13301:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 高出力電力(10% THD+N)
    • 2 x 160Wを2Ωに供給(24Vの場合)
    • 4 x 80Wを4Ωに供給(24Vの場合)
  • パラレル可能な2つのチャネル
  • フィルタの後のフィードバック
    • THD+Nを向上
    • 低出力インピーダンス
    • 高周波応答
    • 複雑な負荷でのダンピングを改善
    • 低コストインダクタが使用可能
  • SNR:102dB
  • 低THD+N:0.04%
  • PSRR:70dB
  • 診断内蔵
    • バッテリ/GNDへの短絡
    • オープン/短絡負荷
    • ツイータ検出
  • 保護および監視機能:
    • 短絡保護
    • ロードダンプ保護:50V
    • プログラマブルクリップ検出
    • DCオフセット検出
    • オープンバッテリ/GND耐圧
    • 熱過負荷保護
    • 過熱警告表示
  • 4アドレスI²C制御インタフェース
  • 低電力シャットダウンモード
  • 高効率:90.5% (max)
  • 周囲動作温度:-40℃~+125℃
  • 48ピンTSSOP-EPRパッケージ(上面エクスポーズドパッド)
  • AEC-Q100認定

アプリケーション/用途

  • アクティブラウドスピーカシステム
  • カーステレオ
  • ディスクリートのアンプモジュール
  • 携帯サラウンドシステム
  • ラジオヘッドユニット
  • 後部座席エンタテイメントユニット

技術資料

アプリケーションノート 4943 D級オーディオアンプでオートモーティブフォルトを診断

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX13301.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX13301AUM/V+
  • MAX13301AUM/V+C65
  • MAX13301AUM/V+T
  • MAX13301AUM/V+TC65
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX98390
    ブースト内蔵D級アンプ、Dynamic Speaker Management内蔵

    • 内蔵のスピーカー電流および電圧検出は外付け部品が不要
    • 設定可能な10Vブーストコンバータ内蔵
    • Dynamic Speaker Management内蔵


    種類 ID PDF タイトル
    アプリケーションノート 4943 D級オーディオアンプでオートモーティブフォルトを診断