先頭に戻る

USB 2.0ハイスピード差動8:1マルチプレクサ

業界初、USB 2.0ハイスピードデータレートに対応する8:1 USBマルチプレクサで超高速切替えが可能

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Low Voltage)
Protocol USB Full-Speed
USB High-Speed
USB Low-Speed
Configuration 8-to-1
# Channels 2
VSUPPLY (Single) (V) (min) 3
VSUPPLY (Single) (V) (max) 3.6
VSIGNAL (V) (min) 0
VSIGNAL (V) (max) 3.6
Dynamic Range (max) (V) (max) 3.6
RON (Ω) (max) 12
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
2.76
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Low Voltage)
Protocol USB Full-Speed
USB High-Speed
USB Low-Speed
Configuration 8-to-1
# Channels 2
VSUPPLY (Single) (V) (min) 3
VSUPPLY (Single) (V) (max) 3.6
VSIGNAL (V) (min) 0
VSIGNAL (V) (max) 3.6
Dynamic Range (max) (V) (max) 3.6
RON (Ω) (max) 12
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
2.76

主な特長

  • 柔軟性と性能が向上
    • USB 2.0規格に対応したマルチプレクサ
    • -3dB帯域幅:1200MHz (typ)
  • 低オン抵抗とパワーマネージメント機能によってシステム損失を最小化
    • オン抵抗(RON):6.5Ω (typ)
    • 単一電源電圧:+3.0V~+3.6V
    • イネーブル入力によって全チャネルをハイインピーダンス状態にすることが可能(スタンバイモード)
    • スタンバイモード時の低動作電流(1µA)と超低自己消費電流(30nA)
  • 部品数と設計の複雑さを低減
    • 低スレッショルドによって1.8V低電圧システムでトランスレータが不要
  • 基板スペースの削減
    • 32ピンTQFN パッケージ(5mm x 5mm)

アプリケーション/用途

  • キーボード、ビデオ、マウス(KVM)
  • 大容量記憶装置
  • サーバ/RAID
  • ワークステーション

説明

差動ハイスピードUSBアナログマルチプレクサのMAX4999は、低オン容量(CON)スイッチを備えており、USBサーバ/大容量ストレージ市場に最適なソリューションです。MAX4999は、最大480Mbpsのデータレートに対応可能なUSB 2.0ロー/フル/ハイスピードアプリケーション用に設計されています。

MAX4999は、差動8:1マルチプレクサです。MAX4999は、信号経路を制御する3つのデジタル入力を備えています。標準的なアプリケーションには、8つのUSBホストと1つのUSBデバイス間でのUSBコネクタのスイッチングがあります。

すべてのチャネルをディセーブルにし、デバイスをハイインピーダンス状態(スタンバイモード)に移行させ、チャージポンプを遮断して消費電力を最小限に抑える、イネーブル入力(EN)が提供されています。

MAX4999は、+3.0V~+3.6Vの電源電圧で動作し、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。MAX4999は、5mm x 5mmの32ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX4999:ファンクションダイアグラム MAX4999:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。