先頭に戻る

低シャットダウン逆電流の100mA/200mA/300mA電流制限スイッチ

シャットダウンモードにおいてマルチ電流制限値(100mA/200mA/300mA)および低い逆リーク電流

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Current Limit and USB Power Switches
Current Limit (mA) (min) 300
Current Limit (mA) (max) 300
# Power Switches 1
Fault Indicator Yes
Current Limit Accuracy (%) 20
Current Limit Set By Preset
RON (Ω) (typ) 0.2
VSUPPLY (V) (min) 2.3
VSUPPLY (V) (max) 5.5
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOT23/5
UDFN/6
Budgetary
Price (See Notes)
1.8
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

主な特長

  • 保証電流制限値:100mA、200mA、および300mA
  • 熱シャットダウン保護
  • 逆電流保護
  • オン抵抗:0.2Ω
  • 保証ブランキング時間:14ms
  • アクティブローFLAG機能
  • 消費電流:80µA
  • ラッチオフ電流:8µA (MAX4914B/MAX4915B/MAX4917B)
  • 自動再試行(MAX4915A/MAX4917A)
  • シャットダウン電流:0.01µA
  • 電源電圧範囲:2.3V~5.5V
  • 低電圧ロックアウト
  • 高速電流制限応答時間:5µs
  • 低シャットダウン逆電流:0.1µA (typ)
  • 小型6ピンµDFN (2mm x 2mm)および5ピンSOT23パッケージ

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • GPSシステム
  • ハンドヘルド機器
  • ノートブックコンピュータ
  • PDAおよびパームトップ機器
  • SDIO
  • USBポート

説明

MAX4914B/MAX4915A/B/MAX4917A/Bスイッチファミリは電流制限機能を備え、障害負荷状態に起因するホストデバイスの損傷を防止します。これらのアナログスイッチは0.2Ωの低オン抵抗を備え、2.3V~5.5Vの入力電圧範囲で動作します。これらのスイッチは100mA、200mA、および300mAの保証電流制限値で利用可能であるため、SDIOなどの負荷スイッチングアプリケーションに最適です。

スイッチがオンで負荷がポートに接続されている場合は、14msの保証ブランキング時間によって過渡電圧が安定化されます。このブランキング時間の後に、負荷電流が電流制限値を超えた場合は、MAX4914B/MAX4915B/MAX4917Bのラッチオフバージョンはスイッチがオフになるラッチオフ状態に移行し、アクティブローFLAGがマイクロプロセッサに送出されます。スイッチは電源またはON端子のサイクリングによって、再度オンすることができます。

MAX4915A/MAX4917Aは自動再試行機能を備えており、ブランキング時間後にスイッチはオフになり、続いて過負荷状態があるかどうか連続的にチェックされます。過負荷状態がなくなり、アクティブローFLAGがデアサートされると、スイッチはオンになり、オン状態を維持します。

MAX4914Bは小型6ピンµDFN (2mm x 2mm)パッケージで提供され、またMAX4915A/BおよびMAX4917A/Bは6ピンµDFN (2mm x 2mm)および省スペースの5ピンSOT23パッケージで提供されます。これらのデバイスは、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX4914B、MAX4915A、MAX4915B、MAX4917A、MAX4917B:ファンクションダイアグラム MAX4914B、MAX4915A、MAX4915B、MAX4917A、MAX4917B:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。