先頭に戻る

USB 2.0ハイスピード、フォルト耐性3:1、4:1マルチプレクサ

少ないピン数でありながら多用途に使用可能な、ポータブルアプリケーション向け高速アナログスイッチ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Protocol USB
Configuration 4-to-1
# Channels 2
Functions Mux
VSUPPLY (Single) (V) (min) 2.7
VSUPPLY (Single) (V) (max) 3.6
RON (Ω) (max) 7
Bandwidth (MHz) 425
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.65
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Protocol USB
Configuration 4-to-1
# Channels 2
Functions Mux
VSUPPLY (Single) (V) (min) 2.7
VSUPPLY (Single) (V) (max) 3.6
RON (Ω) (max) 7
Bandwidth (MHz) 425
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.65

主な特長

  • 単一電源電圧:2.7V~3.6V
  • 低オン抵抗(RON):4Ω (typ)
  • -3dB帯域幅:425MHz
  • USB 2.0規格に完全準拠するフォルト耐性
  • ヒューマンボディモデルに従って、±15kV ESD保護までCOM_を保護(MIL規格883、3015法)
  • スタンバイモードにおいて、低動作電流(200µA)、超低自己消費電流(3.0µA max)
  • 低スレッショルドによって、1.8Vの低電圧システムにおいてレベル変換器が不要
  • 3mm x 3mmの小型16ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • コンビネーション製品
  • デジタルスチルカメラ
  • デジタルビデオカメラ
  • KVM
  • MPEG-4プレーヤー
  • PDA
  • 携帯GPSナビゲーションシステム

説明

アナログマルチプレクサのMAX4899E/MAX4899AEは、高性能スイッチングアプリケーションに不可欠な低オン容量(CON)と低オン抵抗(RON)を統合しています。これらのデバイスは、480MbpsのUSB 2.0の高速アプリケーション用に設計されています。また、MAX4899E/MAX4899AEは、USBのローおよびフルスピード信号のすべての要件にも対応しています。

MAX4899Eはデュアル3:1マルチプレクサであり、またはMAX4899AEはデュアル4:1マルチプレクサです。MAX4899E/MAX4899AEは、アナログ信号経路を制御する2つのディジタル入力C0およびC1を備えています。標準アプリケーションには、USB動作と、シリアル通信、オーディオ、およびビデオなどのその他の動作間のUSBコネクタの切替えなどがあります。

消費電力を低減するだけでなく、全チャネルをディセーブルし、デバイスをハイインピーダンス(オフ)状態に移行させるイネーブル入力(アクティブローEN)が用意されています。

MAX4899E/MAX4899AEは2.7V~3.6V電源電圧で動作し、COMA-およびCOMA+への+5.5V短絡から保護されています。また、COMA+およびCOMA-は通常、外部回路に接続され、±15kV ESD保護を備えています。MAX4899E/MAX4899AEは3mm x 3mmの16ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX4899AE、MAX4899E:ファンクションダイアグラム MAX4899AE、MAX4899E:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。