先頭に戻る

5.0Gbps PCI Expressパッシブスイッチ

Gen IIスイッチングを実現する高速PCI Expressパッシブスイッチ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート 5.0Gbps PCI Expressパッシブスイッチ Feb 24, 2010
アプリケーションノート 適切なCMOSアナログスイッチの選択

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 単一電源電圧:+3.0V~+3.6V
  • 小さい同一ペアスキュー:7ps
  • 低自己消費電流:120µA (max)
  • PCIe Gen IおよびGen IIのデータレートに対応
  • フロースルーピン配置によってレイアウトが容易
  • 業界標準のピン配置
  • 鉛フリーパッケージ

アプリケーション/用途

  • デスクトップコンピュータ
  • ラップトップ
  • サーバ/ストレージエリアネットワーク

説明

高速パッシブスイッチのMAX4888A/MAX4889Aは、可能な2地点間でPCI Express® (PCIe)データの経路設定を行います。MAX4888Aは、クワッド単極/双投(4 x SPDT)スイッチで、2地点間でPCIeデータの2つのハーフレーンのスイッチングに最適です。MAX4889Aは、オクタル単極/双投(8 x SPDT)スイッチで、4地点間でPCIeデータの4つのハーフレーンのスイッチングに最適です。MAX4888A/MAX4889Aは、信号経路を切替えるために1つのディジタル制御入力(SEL)を備えています。

MAX4888A/MAX4889Aは、+3.0V~+3.6Vの単一電源での動作が保証されています††。MAX4888Aは、3.5mm x 5.5mmの28ピンTQFNパッケージで提供されます。MAX4889Aは、3.5mm x 9.0mmの42ピンTQFNパッケージで提供されます。両デバイスとも、-40℃~+85℃の温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX4888A、MAX4889A:標準アプリケーション回路 MAX4888A、MAX4889A:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

データシート 5.0Gbps PCI Expressパッシブスイッチ Feb 24, 2010
アプリケーションノート 適切なCMOSアナログスイッチの選択

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。