先頭に戻る

+3.3V/+5V、8チャネル、シリアル/パラレルインタフェース付き、カスケード可能リレードライバ

シリアル/パラレルインタフェース付き、8チャネル、+3V/+5V、カスケード接続可能なリレードライバ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Relay Drivers
ISOURCE @2.7V (mA) (guar. min) 70
RON @2.7V (Ω) (max) 6
IQ (µA) (max) 50
# Channels 8
Interface SPI
VSUPPLY (V) 2.3 to 5.5
Package/Pins TQFN/20
TSSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
2.01
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Relay Drivers
ISOURCE @2.7V (mA) (guar. min) 70
RON @2.7V (Ω) (max) 6
IQ (µA) (max) 50
# Channels 8
Interface SPI
VSUPPLY (V) 2.3 to 5.5
Package/Pins TQFN/20
TSSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
2.01

主な特長

  • 8つの個別出力チャネル
  • 誘導性キックバック保護内蔵
  • +3Vおよび+5Vのリレーを駆動
  • 保証コイル駆動電流:70mA (min)
  • アクティブローSET機能による全出力の同時オン
  • アクティブローRESET機能による全出力の同時オフ
  • SPI/QSPI/MICROWIRE対応シリアルインタフェース(MAX4820)
  • デイジーチェーン用シリアルディジタル出力(MAX4820)
  • パラレルインタフェース(MAX4821)
  • 低自己消費電流:50µA (max)
  • 省スペース20ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • 電話局
  • DSL、ADSLラインカード
  • E1/T1冗長
  • 産業用機器

説明

8チャネルリレードライバのMAX4820/MAX4821は、キックバック保護を内蔵し、+3.3V/+5Vのノンラッチングまたはデュアルコイルラッチリレーを駆動します。これらのデバイスは、特に+3Vリレーを駆動する場合に役立ちます。個別のオープンドレイン出力は、それぞれ2Ωのオン抵抗を備え、70mA (min)の負荷電流のシンクが保証されます。いずれのデバイスも、自己消費電流は50µA (max)を下回り、出力オフリーク電流は1µAです。

MAX4820は、SPI™/QSPI™/MICROWIRE™対応のシリアルインタフェースを備えています。入力データは、アクティブローCSがローからハイに遷移するとき、8ビットシフトレジスタに移行され、出力にラッチされます。シフトレジスタの各データビットは、個別の出力に対応しているため、すべての出力を個別に制御することができます。

MAX4821は、4ビット(A0、A1、A2、LVL)パラレル入力インタフェースを備えています。先頭の3つのビット(A0、A1、A2)は、出力アドレスを指定し、4番目のビット(LVL)は選択した出力のオン/オフを指定します。データは、アクティブローCSがローからハイに遷移するとき、出力にラッチされます。

いずれのデバイスも、別個のセット/リセット機能を備えているため、ユーザーは単一制御ラインで全出力を同時にオン/オフすることができます。すべてのディジタル入力に内蔵したヒステリシス(シュミットトリガ)によって、これらのデバイスをフォトカプラやRC起動初期化回路の信号などの低速立上り/立下り信号で使用することができます。MAX4820/MAX4821は、20ピンTSSOPパッケージと省スペースの20ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX4820、MAX4821:標準アプリケーション回路 MAX4820、MAX4821:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。