先頭に戻る

デュアル、ユニポーラ/バイポーラ、高電圧デジタルパルサー

2次高調波出力を低減する、アクティブクランプ回路を特長とするMAX4810/MAX4811/MAX4812

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。

主な特長

  • 高集積、高電圧、高周波数、ユニポーラ/バイポーラパルサー
  • 出力インピーダンス:9Ω、出力電流:1.3A (min)
  • アクティブクランプ:27Ω
  • パルサーとクランプの過電圧保護(MAX4810/MAX4811)
  • ユニポーラ出力:0~+220V、またはバイポーラ出力:±110V
  • 整合された立上り/立下り時間および整合された伝播遅延
  • CMOS対応ロジック入力
  • 7mm x 7mmの56ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 清掃機器
  • 不具合検出
  • 圧電ドライバ
  • テスト装置
  • 超音波医療用画像処理

説明

MAX4810/MAX4811/MAX4812集積回路は、低電圧ロジック入力から、高電圧で高周波の、ユニポーラまたはバイポーラのパルスを生成します。これらのデュアルパルサーは、独立したロジック入力、アクティブクランプ内蔵の独立した高電圧パルサー出力、および独立した高電圧電源入力を備えています。

MAX4810/MAX4811/MAX4812は、高電圧出力について9Ωの出力インピーダンス、アクティブクランプについて27Ωのインピーダンスを備えています。高電圧出力は1.3Aの出力電流の供給が保証されています。

すべてのデバイスは、チャネルごとに3つのロジック入力を使用して、正/負のパルスとアクティブクランプを制御します。また、2つの独立したイネーブル入力も備えています。ENをディセーブルすることで、高速電源ランピング中に誤って出力MOSFETがオンにならないようにすることができます。これによって、ランプ時間が高速になり、パルスモード間の遅延を小さくすることができます。低電力シャットダウンモードによって、消費電力を1µA未満に低減します。すべてのディジタル入力はCMOS対応です。

MAX4810は、クランプ出力の過電圧保護を備えており、MAX4811は、パルサー出力とクランプ出力の両方の過電圧保護を備えています。MAX4812は過電圧保護を備えていません。「型番/選択ガイド」を参照してください。

MAX4810/MAX4811/MAX4812は、56ピン(7mm x 7mm)、TQFNエクスポーズドパッドパッケージで提供され、民生用温度範囲(0℃~+70℃)で仕様が定められています。

簡易ブロック図

MAX4810、MAX4811、MAX4812:ピン配置 MAX4810、MAX4811、MAX4812:ピン配置 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。