先頭に戻る

0.5Ω、クワッドSPDTスイッチ、UCSP/QFNパッケージ

スペースを削減、優れたリニアリティおよび低歪み、オン抵抗

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Low Voltage)
Configuration 2-to-1
DPDT
# Channels 4
VSUPPLY (Single) (V) (min) 1.8
VSUPPLY (Single) (V) (max) 5.5
VSIGNAL (V) (min) 0
VSIGNAL (V) (max) 5.5
Dynamic Range (max) (V) (max) 5.5
RON (Ω) (max) 0.85
RFLAT(ON) (Ω) (typ) 0.2
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.3
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Low Voltage)
Configuration 2-to-1
DPDT
# Channels 4
VSUPPLY (Single) (V) (min) 1.8
VSUPPLY (Single) (V) (max) 5.5
VSIGNAL (V) (min) 0
VSIGNAL (V) (max) 5.5
Dynamic Range (max) (V) (max) 5.5
RON (Ω) (max) 0.85
RFLAT(ON) (Ω) (typ) 0.2
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.3

主な特長

  • データとオーディオ信号のルーティング
  • 低RON (0.5Ω typ)のオーディオスイッチ
  • チャネル間マッチング:0.1Ω (typ)
  • オン抵抗の平坦性:0.2Ω (typ)
  • THD:0.035% (typ)
  • 非レイルトゥレイル制御ロジック入力用に電源電流の改善(MAX4754A/MAX4756A)
  • 電源電圧範囲:+1.8V~+5.5V
  • レイルトゥレイルの信号処理
  • 16ピンUCSP (2mm x 2mm)

アプリケーション/用途

  • オーディオ信号ルーティング
  • 携帯電話
  • ノートブックコンピュータ
  • PDA/ハンドヘルド機器
  • スピーカ/ヘッドセットの切替

説明

低オン抵抗のアナログスイッチMAX4754/MAX4754A/MAX4755/MAX4756/MAX4756Aは、+1.8V~+5.5Vの単一電源で動作します。MAX4754/MAX4754AおよびMAX4755は、デュアルの双極/双投(DPDT)スイッチです。MAX4756/MAX4756Aは、クワッドの単極/双投(SPDT)スイッチです。これらの製品は、オーディオ信号またはデータ信号のいずれかを通過するように構成されています。

MAX4754/MAX4754Aは、オーディオ信号のルーティングと2つのロジック制御入力のための4つの0.5Ω SPDTスイッチを内蔵しています。MAX4755は、4つの0.5Ω SPDTスイッチを内蔵しています(NC端子に11Ωの直列抵抗が追加された2つのスイッチを備えています)。これによって、ユーザは32Ωの負荷(イヤースピーカ)として8Ωのスピーカを駆動することができます。MAX4756/MAX4756Aは、1つのロジック制御入力によって制御される4つの0.5Ω SPDTスイッチと、スイッチをディセーブルにするためのイネーブル入力(アクティブローEN)があります。

MAX4754/MAX4754A/MAX4755/MAX4756/MAX4756Aは、省スペースの16ピンTQFNと小型2mm x 2mmの16ピンチップスケールパッケージ(UCSP™)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX4754、MAX4754A、MAX4755、MAX4756:標準動作回路 MAX4754、MAX4754A、MAX4755、MAX4756:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。