先頭に戻る

フォルト保護、シングル8:1/デュアル4:1マルチプレクサ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration 8-to-1
# Channels 1
Functions Mux
VSUPPLY (Single) (V) (min) 9
VSUPPLY (Single) (V) (max) 36
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 400
Package/Pins SOIC (N)/16
Budgetary
Price (See Notes)
4.7
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration 8-to-1
# Channels 1
Functions Mux
VSUPPLY (Single) (V) (min) 9
VSUPPLY (Single) (V) (max) 36
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 400
Package/Pins SOIC (N)/16
Budgetary
Price (See Notes)
4.7

主な特長

  • 電源シーケンス不要
  • 電源オフで全チャネルオフ
  • レイルトゥレイル信号処理
  • オン抵抗:400Ω (max)
  • 電源オフの場合のフォルト保護:±40V
  • ±15V電源オンの場合のフォルト保護:±25V
  • フォルト応答時間:100ns
  • ±4.5V~±20Vデュアル電源
  • +9V~+36V単一電源
  • TTL/CMOSコンパチブルロジック入力

アプリケーション/用途

  • ATEシステム
  • アビオニクス
  • データ収集システム
  • ホットスワップ
  • 産業用およびプロセス制御
  • 冗長/バックアップシステム
  • 信号ルーティング

説明

MAX4708/MAX4709の8:1およびデュアル4:1フォルト保護マルチプレクサは業界標準のDG508/DG509とピンコンパチブルです。MAX4708/MAX4709はMAX4508/MAX4509に似ていますが、これらのデバイスはスイッチ出力の電源レイルへのクランプダイオードを備えていません。これらのマルチプレクサはフォルト保護入力、レイルトゥレイル信号処理能力を特長としており、電源シーケンスが不要です。

両デバイスは電源オフの場合は±40V過電圧保護を、電源オンの場合は±36V保護を提供し、チャネル間マッチングは15Ω (max)で400Ω (max)のオン抵抗を特長とします。MAX4708/MAX4709は±4.5V~±20Vのデュアル電源または+9V~+36Vの単一電源で動作します。全ディジタル入力はTTLロジックコンパチブルスレッショルドを備えているため、単一+12V電源またはデュアル±15V電源を使用の場合TTLとCMOS両方のロジック互換性が得られます。

フォルト保護を必要とする低電圧アプリケーションについては、MAX4711/MAX4712/MAX4713のデータシートをご参照ください。

簡易ブロック図

MAX4708、MAX4709:ピン配置 MAX4708、MAX4709:ピン配置 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。