先頭に戻る

デュアル、5Ωアナログスイッチ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration SPST
# Channels 2
Functions Switch
Normal Position Open
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 5
Package/Pins SOIC (N)/16
Budgetary
Price (See Notes)
4
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

データシート デュアル、5Ωアナログスイッチ Aug 01, 1999

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration SPST
# Channels 2
Functions Switch
Normal Position Open
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 5
Package/Pins SOIC (N)/16
Budgetary
Price (See Notes)
4

主な特長

  • 低オン抵抗:3Ω (typ)、5Ω (max)
  • チャネル間のRONマッチングを保証:0.5Ω、max
  • ブレーク・ビフォ・メイク動作を保証(MAX4622)
  • オフチャネルリークの保証:+85℃で<5nA
  • 単一電源動作:+4.5V~+36V
  • バイポーラ電源動作:±4.5V~±18V
  • TTL/CMOSロジックコンパチブル
  • レイルトゥレイルアナログ信号処理能力
  • ピンコンパチブル:DG401/DG403/DG405

アプリケーション/用途

  • オーディオ信号ルーティング
  • アビオニクス
  • 通信システム
  • データ収集
  • 軍事用無線
  • PBX/PABXシステム
  • リードリレーの代替
  • 試験装置

説明

MAX4621/MAX4622/MAX4623は、高精度の高速デュアルアナログスイッチです。単極/単投(SPST)のMAX4621および双極/単投(DPST)のMAX4623デュアルスイッチは、ノーマリオープン(NO)になっています。単極/双投(SPDT)のMAX4622には2つのノーマリクローズ(NC)と2つのノーマリオープン(NO)があります。これらの3つの製品は全て5Ωの低オン抵抗機能を持ち、0.5Ω内でのチャネル間のマッチング、およびアナログ信号の全範囲(Δ0.5Ω、max)における平坦性を保証します。また、低リーク(+25℃で500pA未満、+85℃で5nA未満)、高速スイッチング時間(オンへのスイッチングは250ns未満、オフへのスイッチングは200ns未満)等の特性も備えています。

これらのアナログスイッチは低歪のアプリケーションに理想的で、自動試験機器または電流スイッチングの必要とされるアプリケーションにおいて、機械リレーよりも望ましいソリューションとなっています。また、必要な消費電力、ボード面積が小さく、機械リレーよりも高い信頼性を誇ります。

MAX4621/MAX4622/MAX4623はそれぞれDG401/DG403/DG405とピンコンパチブルで、これらの製品を置き替え、さらに改善された総合能力を提供します。MAX4621/MAX4622/MAX4623のモノリシックスイッチは、CMOSロジック入力コンパチブル性を維持する一方、単一の正電源(+4.5V~+36V)またはバイポーラ電源(±4.5V~±18V)で動作します。

簡易ブロック図

MAX4621、MAX4622、MAX4623:ピン配置 MAX4621、MAX4622、MAX4623:ピン配置 Zoom icon

技術資料

データシート デュアル、5Ωアナログスイッチ Aug 01, 1999

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。