先頭に戻る

低電圧、CMOSアナログマルチプレクサ/スイッチ

製品の詳細

MAX4581L/MAX4582L/MAX4583Lは低電圧、CMOSアナログICで、MAX4581Lは8チャネルマルチプレクサ、MAX4582Lは2つの4チャネルマルチプレクサ、MAX4583Lは3つの単極/双投(SPDT)スイッチとして構成されています。

これらのCMOSデバイスは、+2V~+12Vの単一電源で動作します。各スイッチは、レイルトゥレイルのアナログ信号を処理することができます。オフリーク電流は、+25℃でわずか2nAです。

すべてのディジタル入力は0.8V~2.0Vのロジックスレッショルドを備え、+12V電源使用時にTTL/CMOSロジックに対応します。

主な機能

  • +3Vロジック対応入力(VIH = 2.0V、VIL = 0.8V)
  • オン抵抗:80Ω保証(+12V電源時)
  • チャネル間のオン抵抗マッチング:4Ω保証
  • +25℃での低オフリーク電流:2nA保証
  • +25℃での低オンリーク電流:2nA保証
  • 電源動作:+2V~+12V
  • TTL/CMOSロジック対応
  • 低クロストーク:-96dB (MAX4582L)
  • 高オフアイソレーション:-90dB
  • 小型、4mm x 4mmのThin QFNパッケージ
  • 業界標準74HC4051/74HC4052/74HC4053およびMAX4051/MAX4052/MAX4053とピンコンパチブル

アプリケーション/用途

  • オーディオ/ビデオ信号ルーティング
  • 通信回路
  • データ収集システム
  • DSLモデム
Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration SPDT
# Channels 3
Functions Switch
VSUPPLY (Single) (V) (min) 2
VSUPPLY (Single) (V) (max) 12
RON (Ω) (max) 80
Package/Pins QSOP/16
SOIC (N)/16
TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
$1.60 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX4581L、MAX4582L、MAX4583L:ピン配置 MAX4581L、MAX4582L、MAX4583L:ピン配置 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration SPDT
# Channels 3
Functions Switch
VSUPPLY (Single) (V) (min) 2
VSUPPLY (Single) (V) (max) 12
RON (Ω) (max) 80
Package/Pins QSOP/16
SOIC (N)/16
TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
$1.60 @1k

主な機能

  • +3Vロジック対応入力(VIH = 2.0V、VIL = 0.8V)
  • オン抵抗:80Ω保証(+12V電源時)
  • チャネル間のオン抵抗マッチング:4Ω保証
  • +25℃での低オフリーク電流:2nA保証
  • +25℃での低オンリーク電流:2nA保証
  • 電源動作:+2V~+12V
  • TTL/CMOSロジック対応
  • 低クロストーク:-96dB (MAX4582L)
  • 高オフアイソレーション:-90dB
  • 小型、4mm x 4mmのThin QFNパッケージ
  • 業界標準74HC4051/74HC4052/74HC4053およびMAX4051/MAX4052/MAX4053とピンコンパチブル

アプリケーション/用途

  • オーディオ/ビデオ信号ルーティング
  • 通信回路
  • データ収集システム
  • DSLモデム

説明

MAX4581L/MAX4582L/MAX4583Lは低電圧、CMOSアナログICで、MAX4581Lは8チャネルマルチプレクサ、MAX4582Lは2つの4チャネルマルチプレクサ、MAX4583Lは3つの単極/双投(SPDT)スイッチとして構成されています。

これらのCMOSデバイスは、+2V~+12Vの単一電源で動作します。各スイッチは、レイルトゥレイルのアナログ信号を処理することができます。オフリーク電流は、+25℃でわずか2nAです。

すべてのディジタル入力は0.8V~2.0Vのロジックスレッショルドを備え、+12V電源使用時にTTL/CMOSロジックに対応します。

簡略化されたブロック図

MAX4581L、MAX4582L、MAX4583L:ピン配置 MAX4581L、MAX4582L、MAX4583L:ピン配置 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。