先頭に戻る

高電圧、シングル8チャネル/デュアル4チャネルキャリブレーションマルチプレクサ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration 8-to-1
# Channels 1
Functions Mux
VSUPPLY (Single) (V) (min) 4.5
VSUPPLY (Single) (V) (max) 36
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 350
Package/Pins SSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
4.05
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration 8-to-1
# Channels 1
Functions Mux
VSUPPLY (Single) (V) (min) 4.5
VSUPPLY (Single) (V) (max) 36
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 350
Package/Pins SSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
4.05

主な特長

  • 利得およびオフセットディバイダ内蔵15ビット精度出力比
  • V+~GND、V+~V-の電圧ディバイダ内蔵8ビット精度出力比
  • RON:350Ω (max)
  • チャンネル間マッチングRON:12Ω (max)
  • チャージインジェクション:10pC (max)
  • オフリーク電流:20pA保証
  • レイルトゥレイル信号動作
  • パッケージ:小型20ピンSSOP、SOおよびDIP

アプリケーション/用途

  • オーディオ信号ルーティング
  • アビオニクス
  • データ収集
  • ネットワーキング
  • 試験装置

説明

MAX4578/MAX4579は、高電圧8チャンネルのCMOSマルチプレクサです。MAX4578およびデュアル4チャネルMAX4579は、高精度ADCキャリブレーション、システムセルフモニタリングなどのアプリケーションに最適なデバイスです。これらキャリブレーションマルチプレクサは高精度抵抗分圧器を内蔵し、入力リファレンス電圧から正確な電圧比を得られます。リファレンス比が外部リファレンス電圧の15/4096および4081/4096となる場合は15ビットに正確に対応し、またリファレンス比の1/2 (V+)並びに5/8 (V+ - V-)の場合は8ビットに対応します。外部リファレンス電圧はグランドと同様、出力に切り替えることができます。MAX4578/MAX4579はイネーブル入力端子を備えているほか、アドレスラッチングも可能です。電源電圧がシングル+12V、またはデュアル±15Vの場合、すべてディジタル入力はロジックスレッショルドを0.8V、2.4Vに設定でき、TTLおよびCMOSロジック回路との整合が容易となります。また入力回路にはすべて保護ダイオードを設けてあり、ESD定格は2kV以上となっています。

MAX4578/MAX4579はシングル+4.5V~+36V、またはデュアル±4.5V~±20Vで動作します。オン抵抗(最大値350Ω)は、スイッチ間で最大15Ω以内にマッチングされています。各スイッチともレイルトゥレイルのアナログ信号を処理できます。オフリーク電流はTA = +25℃時20pA、またTA = +85℃時1.25nAです。

MAX4578/MAX4579は、小型パッケージの20ピンSSOP、SO、DIPのデバイスで提供されています。

簡易ブロック図

MAX4579:ファンクションダイアグラム MAX4579:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。