先頭に戻る

低電圧、単一電源、マルチプレクサおよびスイッチ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート 低電圧、単一電源、マルチプレクサおよびスイッチ Jan 01, 1998
アプリケーションノート In-Circuit Programming Switch

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • パッケージ:小型10ピンTDFN
  • +2V~+12Vの単一電源動作
  • +5V電源でのオン抵抗:200Ω
  • +3V電源でのオン抵抗:500Ω
  • +5Vでのオン抵抗マッチング:8Ω保証
  • +5Vでの最大オンリーク電流:2nA保証
  • TTL/CMOSロジックコンパチブル

アプリケーション/用途

  • オーディオ/ビデオ信号ルーティング
  • バッテリ動作の機器
  • 通信回路
  • 低電圧データ収集システム

説明

MAX4524/MAX4525は低電圧単一電源CMOSアナログスイッチです。MAX4524は4チャネルマルチプレクサ/デマルチプレクサ、MAX4525は双極/双投(DPDT)スイッチとして構成されています。いずれも全ての信号経路を同時にオープンにするインヒビット入力を備えています。

これらのデバイスは+2V~+12Vの単一電源で動作し、+3Vまたは+5V電源動作用に最適化されています。オン抵抗は+5V電源の場合に200Ω、+3V電源の場合に500Ωです。各スイッチは、レイルトゥレイルのアナログ信号を扱うことができます。オフリーク電流は+25℃で僅か2nA、+85℃で20nAとなっています。

ディジタル入力はロジックスレッショルドが0.8V~2.4Vであるため、+5V単一電源を用いた場合はTTL/CMOSロジックコンパチブルであることが保証されています。

簡易ブロック図

MAX4524、MAX4525:ピン配置 MAX4524、MAX4525:ピン配置 Zoom icon

技術資料

データシート 低電圧、単一電源、マルチプレクサおよびスイッチ Jan 01, 1998
アプリケーションノート In-Circuit Programming Switch

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。