先頭に戻る

高速、低電力、単一電源マルチチャネル、ビデオマルチプレクサ/アンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Video Muxes and Crosspoints (Buffered)
Inputs 2
Outputs 1
BW (MHz) (@ -3dB) 280
BW (MHz) (0.1dB min) 60
VSUPPLY (V) (Single) 5
VSUPPLY (±V) (Dual) 5
Slew Rate (V/µs) 460
Diff. Phase/ Gain (deg/%) 0.08/0.06
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
3.3
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Video Muxes and Crosspoints (Buffered)
Inputs 2
Outputs 1
BW (MHz) (@ -3dB) 280
BW (MHz) (0.1dB min) 60
VSUPPLY (V) (Single) 5
VSUPPLY (±V) (Dual) 5
Slew Rate (V/µs) 460
Diff. Phase/ Gain (deg/%) 0.08/0.06
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
3.3

主な特長

  • 最低+4Vまでの単一電源動作
  • -3dB帯域幅:345MHz (MAX4311)
    -3dB帯域幅:150MHz (MAX4313)
  • スルーレート:540V/µs (MAX4313)
  • 低消費電流:6.1mA
  • チャネルスイッチング時間:40ns
  • 超低スイッチングトランジェント:10mVp-p
  • 微分利得/位相誤差:0.06%/0.08°
  • レイルトゥレイル出力:150Ωを電源電圧の730mV以内まで駆動
  • 負の電源電圧までの入力同相電圧範囲
  • 低電力シャットダウンモード
  • パッケージ:省スペースの8ピンµMAX®および16ピンQSOP

アプリケーション/用途

  • 75Ωビデオケーブルドライバ
  • ブロードバンドビデオ
  • フラッシュADC入力バッファ
  • 高速信号処理
  • 医療用画像処理
  • マルチメディア製品
  • ビデオクロスポイント切替
  • ビデオ信号多重化

説明

MAX4310~MAX4315は単一電源動作のマルチプレクサ(mux)アンプで、高速動作、低グリッチスイッチングおよび優れたビデオ仕様を兼ね備えています。これら6つの製品はマルチプレクサの入力数および利得構成が異なります。MAX4310/MAX4311/MAX4312は、2/4/8チャネルのマルチプレクサおよびユニティゲインが安定するように最適化された可変利得アンプを内蔵しています。MAX4313/MAX4314/MAX4315は、2/4/8チャネルのマルチプレクサおよび+2V/V固定利得アンプを内蔵しています。これらのデバイスは40nsのチャネルスイッチング時間および10mVp-pの低スイッチングトランジェント性能を備えているので、ビデオスイッチングアプリケーションに最適です。これらのデバイスは+4.0V~+10.5Vの単一電源または±2V~±5.25Vのデュアル電源で動作します。出力はレイルトゥレイルで、入力同相電圧範囲は負の電源電圧まで適用できます。

MAX4310/MAX4311/MAX4312は280MHz/345MHz/265MHzの-3dB帯域幅および最大460V/µsのスルーレート性能を備えています。MAX4313/MAX4314/MAX4315は逆終端ケーブルの駆動に最適で、150MHz/127MHz/97MHzの-3dB帯域幅、最大540V/µsのスルーレートおよび+2V/Vの固定利得を特長としています。自己消費電流は僅か6.1mAです。更に低電力シャットダウンモードに設定すると、消費電流が僅か560µAに低減され、出力はハイインピーダンス状態になります。MAX4310~MAX4315の内蔵アンプは、全出力電圧範囲において僅か8Ωのオープンループ出力インピーダンスを維持するので、ほとんどのレイルトゥレイルアンプで標準的な負荷条件下において利得誤差と帯域幅変動が最小限に抑えられます。これらのデバイスは微分利得および位相誤差がそれぞれ0.06%/0.08°となっており、放送用ビデオアプリケーションに最適です。

簡易ブロック図

MAX4310、MAX4311、MAX4312、MAX4313、MAX4314、MAX4315:標準動作回路 MAX4310、MAX4311、MAX4312、MAX4313、MAX4314、MAX4315:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。