先頭に戻る

16チャネル/デュアル8チャネル、低リーク電流、CMOSアナログマルチプレクサ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration 16-to-1
# Channels 1
Functions Mux
VSUPPLY (Single) (V) (min) 4.5
VSUPPLY (Single) (V) (max) 30
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 400
Package/Pins PDIP/28
SOIC (W)/28
SSOP/28
TSSOP/28
Budgetary
Price (See Notes)
6.69
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration 16-to-1
# Channels 1
Functions Mux
VSUPPLY (Single) (V) (min) 4.5
VSUPPLY (Single) (V) (max) 30
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 400
Package/Pins PDIP/28
SOIC (W)/28
SSOP/28
TSSOP/28
Budgetary
Price (See Notes)
6.69

主な特長

  • オン抵抗:400Ω (max)以下
  • 遷移時間:500ns以下
  • オン抵抗マッチング:10Ω以下
  • NOオフリーク電流:+25℃で20pA以下
  • チャージインジェクション:3.5pC
  • +4.5V~+30V単一電源
  • ±4.5V~±20Vデュアル電源
  • 工業標準DG506/DG507をプラグインアップグレード
  • 双方向レイルトゥレイル信号に対応
  • TTL/CMOSロジックコンパチブル
  • 2000V以上のESD保護(3015.7法)

アプリケーション/用途

  • 高精度データ収集
  • 高精度信号ルーティング
  • 試験装置

説明

MAX336/MAX337は、モノリシックCMOSアナログマルチプレクサです。16チャネルMAX336は、4ビットバイナリアドレス制御により、16個の入力のうちの1つをコモン出力に接続するように設計されています。デュアル8チャネルMAX337は、3ビットバイナリアドレス制御により、8個の入力のうちの1つをコモン出力に接続するように設計されています。いずれの素子もオン抵抗が400Ω (max)であり両方向に電流を同等に流すことができるので、マルチプレクサとしてだけでなく、デマルチプレクサとしても使用できます。

これらのマルチプレクサは、オフリーク電流が+25℃で20pA以下、オンチャネルリーク電流は+25℃で50pA以下と非常に小さくなっています。新設計により、低チャージインジェクション(3.5pC、typ)および2000V以上の静電気放電(ESD)に対する保護(3015.7法)を保証しています。これらの改良型マルチプレクサは、工業標準のDG506/DG507マルチプレクサのピンコンパチブルなアップグレード製品です。

MAX336/MAX337は、+4.5V~+30V単一電源、または±4.5V~±20Vデュアル電源で動作します。全動作温度範囲および±4.5V~±18Vの電源電圧範囲で、全ての制御入力(アドレスおよびイネーブル)はTTLコンパチブル(0.8Vから2.4Vへ)となっています。

簡易ブロック図

MAX336、MAX337:ピン配置 MAX336、MAX337:ピン配置 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。