先頭に戻る

高精度、16チャネル/デュアル8チャネル、高性能、CMOSアナログマルチプレクサ

製品の詳細

MAX306/307は、高精度モノリシックCMOSアナログマルチプレクサで、オン抵抗は100Ω以下と低く、また全アナログ信号範囲でのオン抵抗の変化が7Ω以下、チャネル間のオン抵抗マッチングが5Ω以下を実現しています。また、全温度範囲における低リーク電流(+85℃でのINO(OFF)が2.5nA以下)と高速スイッチング(tTRANSが250ns以下)特性が得られます。MAX306はシングルエンドの16チャネル、MAX307は差動8チャネルです。

MAX306/307は、マキシムの改良型44Vシリコンゲートプロセスで製造されています。新設計によりチャージインジェクションが極めて低く(10pC以下)、2000V以上のESD保護が保証されています。

これらのマルチプレクサは、TTL/CMOSロジック入力コンパチブルの高速スイッチング性能を有し、+5V~+30Vの単一電源および±4.5V~±20Vのバイポーラ電源で動作します。CMOS入力であるため、入力負荷が軽減されており、工業標準のDG406、DG407、DG506AおよびDG507Aの差換えグレードアップになっています。

主な機能

  • チャネル間のオン抵抗マッチング:5Ω (max)
  • 低オン抵抗:100Ω (max)
  • オン抵抗平坦性:仕様の信号範囲内で7Ω (max)
  • チャージインジェクション:10pC以下
  • INO(OFF)リーク電流:2.5nA以下(+85℃)
  • ICOM(OFF)リーク電流:20nA以下(+85℃)
  • 耐ESD保護:2000V以上
  • 工業標準のDG406/DG407/DG506A/DG507Aの差換えグレードアップ
  • 単一電源動作(+5V~+30V)
  • バイポーラ電源動作(±4.5V~±20V)
  • 低消費電力:1.25mW以下
  • 電源電圧範囲の信号に対応
  • TTL/CMOSロジックコンパチブル

アプリケーション/用途

  • オーディオ信号ルーティング
  • バッテリ動作のシステム
  • 通信システム
  • ガイダンスおよび制御システム
  • ヘッドアップディスプレイ
  • 軍事用無線
  • PBX、PABX
  • サンプル/ホールド回路
  • 試験装置
Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration 16-to-1
# Channels 1
Functions Mux
VSUPPLY (Single) (V) (min) 4.5
VSUPPLY (Single) (V) (max) 30
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 100
Package/Pins PDIP/28
PLCC/28
SOIC (W)/28
TSSOP/28
Budgetary
Price (See Notes)
$6.20 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX306:ピン配置 MAX306:ピン配置 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration 16-to-1
# Channels 1
Functions Mux
VSUPPLY (Single) (V) (min) 4.5
VSUPPLY (Single) (V) (max) 30
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 100
Package/Pins PDIP/28
PLCC/28
SOIC (W)/28
TSSOP/28
Budgetary
Price (See Notes)
$6.20 @1k

主な機能

  • チャネル間のオン抵抗マッチング:5Ω (max)
  • 低オン抵抗:100Ω (max)
  • オン抵抗平坦性:仕様の信号範囲内で7Ω (max)
  • チャージインジェクション:10pC以下
  • INO(OFF)リーク電流:2.5nA以下(+85℃)
  • ICOM(OFF)リーク電流:20nA以下(+85℃)
  • 耐ESD保護:2000V以上
  • 工業標準のDG406/DG407/DG506A/DG507Aの差換えグレードアップ
  • 単一電源動作(+5V~+30V)
  • バイポーラ電源動作(±4.5V~±20V)
  • 低消費電力:1.25mW以下
  • 電源電圧範囲の信号に対応
  • TTL/CMOSロジックコンパチブル

アプリケーション/用途

  • オーディオ信号ルーティング
  • バッテリ動作のシステム
  • 通信システム
  • ガイダンスおよび制御システム
  • ヘッドアップディスプレイ
  • 軍事用無線
  • PBX、PABX
  • サンプル/ホールド回路
  • 試験装置

説明

MAX306/307は、高精度モノリシックCMOSアナログマルチプレクサで、オン抵抗は100Ω以下と低く、また全アナログ信号範囲でのオン抵抗の変化が7Ω以下、チャネル間のオン抵抗マッチングが5Ω以下を実現しています。また、全温度範囲における低リーク電流(+85℃でのINO(OFF)が2.5nA以下)と高速スイッチング(tTRANSが250ns以下)特性が得られます。MAX306はシングルエンドの16チャネル、MAX307は差動8チャネルです。

MAX306/307は、マキシムの改良型44Vシリコンゲートプロセスで製造されています。新設計によりチャージインジェクションが極めて低く(10pC以下)、2000V以上のESD保護が保証されています。

これらのマルチプレクサは、TTL/CMOSロジック入力コンパチブルの高速スイッチング性能を有し、+5V~+30Vの単一電源および±4.5V~±20Vのバイポーラ電源で動作します。CMOS入力であるため、入力負荷が軽減されており、工業標準のDG406、DG407、DG506AおよびDG507Aの差換えグレードアップになっています。

簡略化されたブロック図

MAX306:ピン配置 MAX306:ピン配置 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。