先頭に戻る

Beyond-the-Railsオクタル(8回路) SPSTスイッチ

1.6Vの低い単一電源レールから±5.5Vコモンモード信号を切替え

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Low Voltage)
Protocol I2C
Configuration SPST
# Channels 8
Normal Position Open
VSUPPLY (Single) (V) (min) 1.6
VSUPPLY (Single) (V) (max) 5.5
VSIGNAL (V) (min) -5.5
VSIGNAL (V) (max) 5.5
Dynamic Range (max) (V) (max) 11
RON (Ω) (max) 1
RFLAT(ON) (Ω) (typ) 0.005
Package/Pins TQFN-CU/28
Budgetary
Price (See Notes)
1.82
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Low Voltage)
Protocol I2C
Configuration SPST
# Channels 8
Normal Position Open
VSUPPLY (Single) (V) (min) 1.6
VSUPPLY (Single) (V) (max) 5.5
VSIGNAL (V) (min) -5.5
VSIGNAL (V) (max) 5.5
Dynamic Range (max) (V) (max) 11
RON (Ω) (max) 1
RFLAT(ON) (Ω) (typ) 0.005
Package/Pins TQFN-CU/28
Budgetary
Price (See Notes)
1.82

主な特長

  • 8 x SPSTスイッチ
  • シリアル制御
    • I2C:2つのアドレス選択端子
    • SPI:デイジーチェーン用DOUT
    • 各スイッチの独立した制御
  • Beyond-the-Rails
    • 信号範囲:±5.5V (電源電圧に依存しない)
  • 低歪みスイッチング
    • 全高調波歪み + ノイズ:0.001% (typ)
    • RON平坦性:0.5mΩ (typ) (全信号範囲)
  • 広い電源範囲
    • 単一電源:+1.6V~+5.5V
  • RON:0.425Ω (typ)
  • 小型パッケージ
    • 28ピンTQFN (4mm x 4mm)
  • 全A_とB_端子の±15kV HBM ESD保護

アプリケーション/用途

  • オーディオスイッチング/多重化
  • ポート保護
  • パワーマネージメント

説明

MAX14662は、汎用信号切替えアプリケーション用のシリアル制御8 x SPSTスイッチです。このデバイスは、スイッチの数が多いため多様なアプリケーションで役立つとともに、シリアル制御によって最小限の端子数で最大の柔軟性が得られます。この製品は、Beyond-the-Rails機能を備え、+1.6V~+5.5Vの任意の単一電源で±5.5Vの信号を通過させることができます。

シリアル制御は、I2CまたはSPIを選択可能です。どちらのモードも、各独立したスイッチの個別制御を提供するため、任意の組合せのスイッチを適用することができます。I2Cモードは2つのアドレス選択端子を備え、1つのバス上で最大4つのデバイスをアドレス指定することができます。SPIモードは、DOUT端子を備え、1つの選択信号による複数のデバイスのチェーン接続に使用可能です。

MAX14662は、28ピンTQFNパッケージ(4mm x 4mm)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。A_およびB_端子は±15kVヒューマンボディモデル(HBM) ESD保護を提供します。

簡易ブロック図

MAX14662:標準アプリケーション回路 MAX14662:標準アプリケーション回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。