先頭に戻る

8チャネル、ラッチ付マルチプレクサ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration 4-to-1
# Channels 2
Functions Mux
VSUPPLY (Single) (V) (min) 4.5
VSUPPLY (Single) (V) (max) 30
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 400
Package/Pins PDIP/18
SOIC (W)/18
Budgetary
Price (See Notes)
4.8
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

データシート 8チャネル、ラッチ付マルチプレクサ Mar 01, 1991

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration 4-to-1
# Channels 2
Functions Mux
VSUPPLY (Single) (V) (min) 4.5
VSUPPLY (Single) (V) (max) 30
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 400
Package/Pins PDIP/18
SOIC (W)/18
Budgetary
Price (See Notes)
4.8

主な特長

  • Low-Power, Monolithic CMOS Design
  • On-Board Address Latches
  • Break-Before-Make Input Switches
  • TTL and CMOS Logic Compatible
  • Microprocessor-Bus Compatible
  • r < 400Ω
  • Pin and Electrically Compatible with the Industry-Standard

アプリケーション/用途

  • オーディオ信号多重化
  • 自動試験装置(ATE)
  • アビオニクスおよび軍事用システム
  • 通信システム
  • データ収集
  • マイクロプロセッサ制御のシステム

説明

Maxim's DG528/DG529 are monolithic, 8-channel, CMOS multiplexers with on-board address and control latches that simplify design and reduce board space in microprocessor-based applications. The DG528 is a single-ended, 1-of-8 multiplexer, while the DG529 is a differential, 2-of-8 multiplexer. These devices can operate as multiplexers or demultiplexers.

The DG528/DG529 have break-before-make switching to prevent momentary shorting of the input signals. Each device operates with dual supplies (±4.5V to ±20V) or a single supply (+5V to +30V). All logic inputs are TTL and CMOS compatible. The Maxim DG528/DG529 are pin and electrically compatible with the industry-standard DG528/DG529.

簡易ブロック図

DG528、DG529:ピン配置 DG528、DG529:ピン配置 Zoom icon

技術資料

データシート 8チャネル、ラッチ付マルチプレクサ Mar 01, 1991

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。