先頭に戻る

改良品、デュアル、高速アナログスイッチ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration DPST
# Channels 2
Functions Switch
Normal Position Open
VSUPPLY (Single) (V) (min) 10
VSUPPLY (Single) (V) (max) 30
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 45
Package/Pins CDIP/16
SOIC (N)/16
Budgetary
Price (See Notes)
5.53
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Switches and Multiplexers (Mid and High Voltage)
Configuration DPST
# Channels 2
Functions Switch
Normal Position Open
VSUPPLY (Single) (V) (min) 10
VSUPPLY (Single) (V) (max) 30
VSUPPLY (Dual) (±V) (min) 4.5
VSUPPLY (Dual) (±V) (max) 20
RON (Ω) (max) 45
Package/Pins CDIP/16
SOIC (N)/16
Budgetary
Price (See Notes)
5.53

主な特長

新しい特長
  • 業界標準DG401/DG403/DG405のプラグインアップグレード
  • チャネル間rDS(ON)整合の改善:2Ω (max)
  • 全信号範囲での保証rFLAT(ON):3Ω (max)
  • チャージインジェクションの改善:15pC (max)
  • 全温度範囲でのオフリーク電流の改善:5nA以下 (+85℃)

従来からの特長
  • 低rDS(ON):30Ω (max)
  • 単一電源動作:+10V~+30V
  • バイポーラ電源動作:±4.5V~±20V
  • 低消費電力:35µW (max)
  • レール・ツー・レール信号処理機能
  • TTL/CMOSロジックコンパチブル

アプリケーション/用途

  • オーディオ信号ルーティング
  • バッテリ駆動アプリケーション
  • 通信システム
  • ガイダンスおよび制御システム
  • ヘッドアップディスプレイ
  • 軍事用無線
  • PBX、PABX
  • サンプル/ホールド回路
  • 試験装置

説明

マキシムの再設計されたアナログスイッチDG401/DG403/DG405は、スイッチ間の低オン抵抗整合(2Ω max)、および全信号範囲で保証のオン抵抗平坦性(3Ω max)を特長としています。これらの低オン抵抗スイッチ(20Ω typ)はいずれの方向でも優れた動作を行い、低チャージインジェクション(15pC max)を保証します。この新規設計によって全温度範囲でオフリーク電流が低減されます(+85℃で5nA以下)。

DG401/DG403/DG405はデュアル、高速スイッチです。単極/単投のDG401および双極/単投のDG405はノーマリオープンのデュアルスイッチです。デュアル、単極/双投のDG403は2個のノーマリオープンおよび2個のノーマリクローズスイッチを備えています。切替時間はtONで150ns (max)およびtOFFで100ns (max)であり、最大消費電力は35µWです。これらの製品は+10V~+30Vの単一電源、または±4.5V~±20Vのバイポーラ電源で動作します。マキシムの改良型DG401/DG403/DG405は44Vのシリコンゲートプロセスで製造されています。

簡易ブロック図

DG401、DG403、DG405:ピン配置/ファンクションダイアグラム/真理値表 DG401、DG403、DG405:ピン配置/ファンクションダイアグラム/真理値表 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。