先頭に戻る

5次、ローパス、スイッチトキャパシタフィルタ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 5次ローパスフィルタ
    • エリプティック応答(MAX7418/MAX7421/MAX7422/MAX7425)
    • ベッセル応答(MAX7419/MAX7423)
    • バタワース応答(MAX7420/MAX7424)
  • コーナ周波数はクロック同調可能:1Hz~45kHz
  • 単一電源動作:
    • +5V (MAX7418~MAX7421)
    • +3V (MAX7422~MAX7425)
  • 低電力:
    • 3mA (動作モード)
    • 0.2µA (シャットダウンモード)
  • パッケージ:8ピンµMAX®
  • 低出力オフセット:±4mV

アプリケーション/用途

  • ADCアンチエイリアシング
  • CT2基地局
  • DACポストフィルタ
  • スピーチ処理

説明

MAX7418~MAX7425は、単一電源+5V (MAX7418~MAX7421)または単一電源+3V (MAX7422~MAX7425)で動作する5次のローパススイッチトキャパシタフィルタ(SCF)です。これらのデバイスの消費電流は僅か3mAで、コーナ周波数として1Hz~45kHzが可能であるため、低消費電力のポストDACフィルタリングやアンチエイリアシングアプリケーションに最適です。また、消費電流を0.2µAに低減するシャットダウンモードも備わっています。

これらのデバイスでは、外付コンデンサを使ったセルフクロックと、コーナ周波数を正確に制御するための外部クロックの2種類のクロック動作が可能です。DC出力レベルはオフセット調整ピンで調整できます。

MAX7418/MAX7422は、遷移比1.6という急峻なロールオフ特性と、53dBの阻止帯域減衰量を実現します。MAX7421/MAX7425は、遷移比1.25という急峻なロールオフ特性と、37dBの阻止帯域減衰量を実現します。MAX7419/MAX7423ベッセルフィルタは低オーバシュートおよび高速セトリング特性を、MAX7420/MAX7424バタワースフィルタは極めて平坦な通過帯域応答を備えています。これらの固定応答により、クロック周波数を選択する設計作業が簡単になります。

簡易ブロック図

MAX7418、MAX7419、MAX7420、MAX7421、MAX7422、MAX7423、MAX7424、MAX7425:標準動作回路 MAX7418、MAX7419、MAX7420、MAX7421、MAX7422、MAX7423、MAX7424、MAX7425:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。