先頭に戻る

8次、ローパス、エリプティック、スイッチトキャパシタフィルタ

超低電力アプリケーション用MAX7400/3/4/7も参照してください。

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Active Filters
Filter Type Lowpass
Filter Sections 1
Order Per Filter Section 8
Highest Cutoff (kHz) (min) 25
Lowest Cutoff (Hz) (max) 0.1
Filter Class Switched Cap
Filter Characteristic Elliptic
Program Method Clock
Oper. Temp. (°C) -55 to +125
-40 to +85
0 to +70
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
SOIC (W)/16
Budgetary
Price (See Notes)
5.43
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Active Filters
Filter Type Lowpass
Filter Sections 1
Order Per Filter Section 8
Highest Cutoff (kHz) (min) 25
Lowest Cutoff (Hz) (max) 0.1
Filter Class Switched Cap
Filter Characteristic Elliptic
Program Method Clock
Oper. Temp. (°C) -55 to +125
-40 to +85
0 to +70
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
SOIC (W)/16
Budgetary
Price (See Notes)
5.43

主な特長

  • 8次ローパスエリプティックフィルタ
  • クロック可変コーナー周波数範囲:
    • 0.1Hz~25kHz (MAX293/MAX294)
    • 0.1Hz~50kHz (MAX297)
  • 外付けの抵抗およびコンデンサ不要
  • 内部または外部クロック
  • クロック対コーナー周波数比
    • 100:1 (MAX293/MAX294)
    • 50:1 (MAX297)
  • +5Vの単一電源または±5Vのデュアル電源で動作
  • アンチエイリアスまたはクロックノイズフィルタ用の未使用オペアンプ
  • 8ピンDIPおよび16ピンワイドSOパッケージ

アプリケーション/用途

  • アンチエイリアシング
  • DACポストフィルタ
  • データ収集システム
  • ボイス/データ信号フィルタリング

説明

MAX293/MAX294/MAX297は、使いやすい8次、ローパス、エリプティック、スイッチトキャパシタフィルタで、0.1Hz~25kHz (MAX293/MAX294)または0.1Hz~50kHz (MAX297)のコーナー周波数で設定することができます。

MAX293/MAX297の1.5遷移比は、急峻なロールオフと-80dBの阻止帯域除去を提供します。MAX294の1.2遷移比は、最も急峻なロールオフと-58dBの阻止帯域除去を提供します。3つのフィルタはすべて、固定応答を備えているため、デザインタスクはフィルタのコーナー周波数を制御するクロック周波数の選択に限定されます。

外付けコンデンサを使って、内部発振器を使用するクロックを生成し、また、外部クロック信号も使用することができます。ポストフィルタまたはアンチエイリアス用の連続時間型ローパスフィルタを構築するために、未使用のオペアンプ(非反転入力をグランド接続)が用意されています。急峻なロールオフと高次によって、これらのフィルタは、最大限の帯域幅が必要なアンチエイリアスアプリケーションや、周波数領域内の近接信号のフィルタが必要な通信アプリケーション用に最適です。

MAX293/MAX294/MAX297は、8ピンDIPパッケージおよび16ピンワイドSOパッケージで提供され、小さい面積で高い性能を実現します。

簡易ブロック図

MAX293、MAX294、MAX297:標準動作回路 MAX293、MAX294、MAX297:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。