先頭に戻る

マイクロプロセッサプログラマブル、ユニバーサルアクティブフィルタ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Active Filters
Filter Type Universal
Filter Sections 2
Order Per Filter Section 2
Highest Cutoff (kHz) (min) 140
Lowest Cutoff (Hz) (max) 1
Filter Class Switched Cap
Filter Characteristic Programmable
Program Method µP Bus
Oper. Temp. (°C) -55 to +125
-40 to +85
0 to +70
Package/Pins PDIP/24
SOIC (W)/24
Budgetary
Price (See Notes)
12.1
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Active Filters
Filter Type Universal
Filter Sections 2
Order Per Filter Section 2
Highest Cutoff (kHz) (min) 140
Lowest Cutoff (Hz) (max) 1
Filter Class Switched Cap
Filter Characteristic Programmable
Program Method µP Bus
Oper. Temp. (°C) -55 to +125
-40 to +85
0 to +70
Package/Pins PDIP/24
SOIC (W)/24
Budgetary
Price (See Notes)
12.1

主な特長

  • フィルタ設計用ソフトウェア入手可能
  • マイクロプロセッサ・インタフェース
  • 64ステップ中心周波数制御
  • 128ステップQ制御
  • 独立したQとf0のプログラミング
  • クロック/f0比の保証値-1% (Aグレード)
  • 75kHzのf0レンジ(MAX262)
  • +5V単一電源および±5V動作

アプリケーション/用途

  • µPで調整されるフィルタ
  • 適応型フィルタ
  • アンチエイリアシングフィルタ
  • デジタル信号処理(DSP)
  • 位相ロックループ(PLL)
  • 信号分析

説明

CMOSデュアル2次ユニバーサルスイッチトキャパシタ・アクティブフィルタのMAX260/MAX261/MAX262によって、高精度なフィルタ機能が可能です。様々なタイプのバンドパス、ローパス、ハイパス、ノッチ、およびオールパスなどの構成を、外付け部品なしで実現することができます。各製品には中心周波数、Q、およびフィルタ動作モードがプログラム制御で設定される2次フィルタが2つ含まれています。

6ビットのf0プログラム入力とクロック入力でフィルタの中心周波数やコーナー周波数を他のフィルタパラメータに影響することなく決定します。 フィルタのQも独立してプログラムされます。2つの内部フィルタは別々のクロック入力を持ち、水晶、RCネットワーク、または外部クロック発生器のいずれでも動作します。

MAX260はオフセットおよびDC特性がMAX261およびMAX262よりも優れており、中心周波数(f0)のレンジは7.5kHzです。MAX261の中心周波数レンジは57kHzで、MAX262の中心周波数レンジはクロックとf0の比を下げることによって140kHzまで拡張されています。これらの製品は、民生用、拡張、および軍用温度範囲の、24ピンDIPおよび小型パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX260、MAX261、MAX262:ファンクションダイアグラム MAX260、MAX261、MAX262:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。