先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/products/analog/amplifiers/operational-amplifiers

オペアンプはアナログ信号の調整に重要な役割を果たします。多くの種類のオペアンプ、そしてそれを活用するアプリケーション性能を引き出す多くのパラメーターがあります。

全オペアンプ

オペアンプの主要サプライヤとして、マキシムは最先端の製品を幅広いラインナップで提供しています。

高精度オペアンプ

マキシムの高精度およびローノイズオペアンプは、低入力オフセット電圧、全温度範囲での低オフセットドリフト、および低入力換算電圧ノイズを提供します。

高速オペアンプ

利得帯域幅(GBW)およびスルーレート(SR)が重要なアプリケーションでこれらのマキシムの高速オペアンプは役立ちます。

低電力オペアンプ

これらのアンプは低自己消費電流を特長とし、WLP、DFN、およびSC70などの小型パッケージで提供されます。

高電圧オペアンプ

高電圧オペアンプは、10V以上の電源電圧で動作可能です。マキシムのオペアンプの動作電圧は、デュアル電源アプリケーションで最大±19Vまたは単一電源動作で38Vです。

低バイアス電流オペアンプ

フォトダイオード、SpO2、粒子検出など、ソース抵抗が非常に高いアプリケーションでこれらの超低バイアス電流オペアンプは良好な選択肢となります。

注目のビデオ


nanoPowerオペアンプのMAX40007を力検出アプリケーションで使用する
9:05 August 07, 2018

ソリューション

技術資料

*必須

Technical Documentation

技術資料

表示: 10 / 先頭に戻る 100 結果 全て表示 結果

型番 タイトル 複数選択 日時

注目製品