先頭に戻る

PMUおよびレベル設定DAC内蔵、デュアル1.1Gbpsピンエレクトロニクス

ディスクリートデバイスの性能を維持しながら、レベル、アクティブ負荷、ドライバ、コンパレータ、およびスイッチを集積化

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート PMUおよびレベル設定DAC内蔵、デュアル1.1Gbpsピンエレクトロニクス Jul 24, 2019
アプリケーションノート Getting Started with ATE
アプリケーションノート FAQs about ATE ICs
アプリケーションノート How to Set PMU Voltage and Current Clamps
アプリケーションノート An Improved and Simple Cable Simulation Model
アプリケーションノート ケーブル損失の影響
アプリケーションノート ピンエレクトロニクスのMAX9979の較正方法
アプリケーションノート TDR (時間領域反射率測定)による伝搬遅延の測定
アプリケーションノート MAX9979ピンエレクトロニクスICのPMUモード
アプリケーションノート ケーブル損失ソリューション
アプリケーションノート ATE SPI (シリアル周辺機器インタフェース)の理解

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 高速:1.1Gbps (1VP-Pの場合)
  • 超低消費電力:1.2W/チャネル(アクティブ負荷をディセーブルした場合)
  • 広い電圧範囲:-1.5V~+6.5Vで最大13VのVHH
  • 広い電圧スイング範囲:50mVP-P~13VP-P
  • 低リークモード:10nA (max)
  • オンザフライ終端内蔵(第3レベルドライブ)
  • VHH高電圧内蔵(第4レベルドライブ)
  • 電圧クランプ内蔵
  • 20mAのアクティブ負荷内蔵
  • 端子ごとにPMUを内蔵
  • レベル設定CALDAC内蔵
  • ドライバ出力とコンパレータ入力の両方に対して設定可能なケーブルドループ補償
  • 設定可能なドライバ出力インピーダンス
  • ドライバ出力に対して4つのスルーレート設定
  • アナログ測定バス
  • 非常に小さいタイミングのばらつき
  • 最小限の外付け部品数
  • SPI対応のシリアル制御インタフェース
  • 上面からの熱除去によって放熱特性を高めた68ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

説明

MAX9979は、全機能内蔵の高性能デュアルチャネルピンエレクトロニクスで、ドライバ/コンパレータ/負荷(DCL)、パラメータ測定ユニット(PMU)、および内蔵(16ビット)レベル設定デジタル-アナログコンバータ(DAC)などの複数の自動試験装置(ATE)の機能を1つのICに集積化したものです。このデバイスはメモリやSOCのテスタのアプリケーションに最適です。各チャネルは、4レベルのピンドライバ、ウィンドウコンパレータ、差動コンパレータ、ダイナミッククランプ、汎用PMU、アクティブ負荷、高電圧(VHH)で設定可能なレベル、および14の独立したレベル設定用DACを備えています。MAX9979は、ドライバ出力とコンパレータ入力に対する設定可能なケーブルドループ補償、データ経路の伝送ラインの標準的な変動においても最適な性能を実現する可変ドライバ出力抵抗、スルーレート調整、および設定可能な高電圧ドライバ出力を特長としています。

MAX9979のドライバは、8V (-1.5V~+6.5V)の広い高速動作電圧範囲と最大+13Vまでの設定可能なVHHを備えています。動作モードには、ハイインピーダンス、アクティブ終端(第3レベルドライブ)、およびVHH (第4レベルドライブ)の各モードがあります。このデバイスは、低い電圧スイングでも良好な直線性を示します。ドライバは、ほとんどの高速ロジックファミリと互換性のある高速差動制御入力を備えています。ウィンドウコンパレータは、スルーレート、パルス幅、およびオーバドライブ電圧の変動に対して極めて小さなタイミング変動を持っています。ハイインピーダンスモードでは、MAX9979は、被試験デバイス(DUT)の高速波形を抑えるダイナミッククランプを備えています。20mAのアクティブ負荷は、コンパレータとともに使用することで接触試験の高速化が容易になりオープンドレイン/コレクタのDUT出力のプルアップ/プルダウンとして機能します。PMUは±2µA~±50mAまでの5種類の電流範囲を提供し、電流または電圧の印加と測定が可能です。MAX9979はSPI™対応のシリアルインタフェースを通じて設定されます。

MAX9979は、小さい実装面積の68ピンTQFN-EP-IDPパッケージ(10mm x 10mm x 1mm)で提供されており、放熱しやすくするために上面にエクスポーズドパッドを備えています。消費電力は、アクティブ負荷をディセーブルした状態で、全動作電圧範囲に対してチャネル当り1.2W (typ)です。MAX9979は、+40℃~+100℃の範囲の内部ダイ温度で動作し、温度モニタ出力を提供します。

簡易ブロック図

MAX9979:簡易ブロックダイアグラム MAX9979:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

データシート PMUおよびレベル設定DAC内蔵、デュアル1.1Gbpsピンエレクトロニクス Jul 24, 2019
アプリケーションノート Getting Started with ATE
アプリケーションノート FAQs about ATE ICs
アプリケーションノート How to Set PMU Voltage and Current Clamps
アプリケーションノート An Improved and Simple Cable Simulation Model
アプリケーションノート ケーブル損失の影響
アプリケーションノート ピンエレクトロニクスのMAX9979の較正方法
アプリケーションノート TDR (時間領域反射率測定)による伝搬遅延の測定
アプリケーションノート MAX9979ピンエレクトロニクスICのPMUモード
アプリケーションノート ケーブル損失ソリューション
アプリケーションノート ATE SPI (シリアル周辺機器インタフェース)の理解

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。