先頭に戻る

デュアル、低電力、1200Mbps ATE

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート デュアル、低電力、1200Mbps ATE Oct 03, 2005
アプリケーションノート Getting Started with ATE

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 低電力損失:1チャネル当り1.4W (typ)
  • 負荷整流時に電力ペナルティが激減
  • 高速:1200Mbps (3VP-P時)および1800Mbps (1VP-P時)
  • プログラマブルなアクティブ負荷電流:35mA
  • 小さいタイミングばらつき
  • 広い動作電圧範囲:-1.5V~+6.5V
  • アクティブ終端(第3レベルドライブ)
  • 低リークモード:15nA
  • クランプ内蔵
  • 差動コンパレータ内蔵
  • ロジックファミリの大部分と容易にインタフェース
  • ディジタルプログラマブルスルーレート
  • 終端抵抗内蔵
  • 低オフセット誤差
  • MAX9967とピンコンパチブル

アプリケーション/用途

  • 高性能メモリATE
  • 高性能ミックスドシグナル/システムオンチップATE

説明

MAX9969は、35mAの負荷ICを備えるデュアル、低電力、高速、ピンエレクトロニクスドライバ/コンパレータで、チャネルごとに3レベルピンドライバ、デュアルコンパレータ、可変クランプ、およびアクティブ負荷を内蔵しています。追加された差動コンパレータは、2つのチャネルを比較することを可能とします。このドライバは広い電圧範囲と高速動作が特長で、ハイインピーダンスおよびアクティブ終端(第3レベルドライブ)モードを備え、低電圧振幅においても高いリニアリティを維持します。デュアルコンパレータは様々な入力状態において少ないばらつき(タイミング変動)を提供し、差動出力を備えています。デバイスがハイインピーダンスレシーバとして設定されている場合は、クランプ回路が被測定デバイス(DUT)の高速波形のダンピングを行います。プログラマブルな負荷は、最大35mAのソースおよびシンク電流を供給します。この負荷によって、高出力インピーダンスデバイスの接触/導通試験、IOH/IOLの高速パラメータ試験、およびプルアップが容易になります。MAX9969Aは、各ドライバと各コンパレータ間でオフセットが良く整合されています。

MAX9969は、LVPECL、LVDS、およびGTLに対応するオプションの内蔵終端抵抗付きの、高速、差動制御入力を備えています。コンパレータについては、オプションの内蔵プルアップ抵抗付きのフレキシブルなオープンコレクタ出力を使用することができます。これらの機能によって、回路基板上のディスクリート部品の点数が大幅に削減されます。

3線式、低電圧、CMOS対応シリアルインタフェースを通じて、MAX9969の低リーク、スルーレート制限、およびトライステート/終端動作構成が設定されます。

MAX9969の動作範囲は-1.5V~+6.5Vで、チャネル当たりの電力損失はわずか1.4Wです。このデバイスは、14mm x 14mmのボディ、0.5mmピッチの100ピンTQFPパッケージで提供されます。パッケージの上面の8mm x 8mmのエクスポーズドダイパッドは、放熱を促します。このデバイスは、+60℃~+100℃の内部ダイ温度範囲での動作が保証され、ダイ温度モニタ出力を備えています。

簡易ブロック図

MAX9969:標準動作回路 MAX9969:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

データシート デュアル、低電力、1200Mbps ATE Oct 03, 2005
アプリケーションノート Getting Started with ATE

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。