先頭に戻る

ウェーブフォームシェーピング付き、ATE用、高速デュアルドライバ

2Gbps性能およびウェーブフォーム制御を必要とするATEアプリケーション用、DDR2メモリテスタ、GDDR3、およびGDDR4

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • ターミネータ/3レベルドライバ
  • 2Gbpsのトグル(2VP-Pの場合) (MAX9957)
  • 2.4Gbpsのトグル(2VP-Pの場合) (MAX9957D)
  • 電圧制御のウェーブフォームシェーピング
  • ほとんどのロジックファミリとの容易なインタフェース
  • 少ないタイミングのばらつき

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置:DDR2メモリテスタ、GDDR3、GDDR4

説明

MAX9957は、自動試験装置(ATE)メモリアプリケーション用のデュアルドライバICで、3レベルの駆動能力、高速スイッチング、および少ないタイミングのばらつきを提供し、電圧制御のウェーブフォームシェーピングを備え、エッジ位置精度を高め、歪みを最小限に抑えます。また、このデバイスは、利得とオフセットのマッチングが優れています。MAX9957は、公称-1V~+3.5Vの電圧範囲で各チャネル用のリファレンス電圧入力をバッファします。各チャネルはCMLレベル準拠の高速差動制御入力を備えています。静的消費電力は、公称-5V~+7Vの電源でチャネル当りわずか1500mWです。2GbpsのトグルでのMAX9957の消費電力は、チャネル当りわずか1550mWです。2.4GbpsのトグルでのMAX9957Dの消費電力は、チャネル当りわずか1850mWです。

MAX9957は、放熱を容易にするエクスポーズドパッド(パッケージ上面)付き、10mm x 10mm x 1mmの64ピンTQFPパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。