先頭に戻る

入力VOSトリムおよび出力オペアンプを備えた、SPI設定可能なゲインアンプ(PGA)

広い範囲のアプリケーションに適した、SPIインタフェースを備えたプログラマブルゲインアンプ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Programmable Gain Amplifiers
Interface Type SPI
AV (V/V) 0.2 to 157
Gain Error (%) (max) 0.38
Gain Temp.- Coeff. (ppm/°C) (max) 17
VSUPPLY (V) (min) 2.9
VSUPPLY (V) (max) 5.5
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 13
Shutdown Mode Supply Current (µA) (max) 24
Supply Current (µA) (typ) 3400
Supply Current (µA) (max) 6700
Gain-BW Product (MHz) 2.15 to 279
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
1.29
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Programmable Gain Amplifiers
Interface Type SPI
AV (V/V) 0.2 to 157
Gain Error (%) (max) 0.38
Gain Temp.- Coeff. (ppm/°C) (max) 17
VSUPPLY (V) (min) 2.9
VSUPPLY (V) (max) 5.5
Shutdown Mode Supply Current (µA) (typ) 13
Shutdown Mode Supply Current (µA) (max) 24
Supply Current (µA) (typ) 3400
Supply Current (µA) (max) 6700
Gain-BW Product (MHz) 2.15 to 279
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
1.29

主な特長

  • SPIで設定可能なゲイン:0.2V/V~157V/V
  • 非常に低い利得温度係数
  • R/C設定のアクティブフィルタ用のアンプ内蔵
  • 入力オフセット電圧補償
  • ±16Vまで入力保護
  • 13µAのソフトウェアシャットダウンモード
  • 動作温度範囲:-40℃~+125℃
  • 10ピンµMAXパッケージ

アプリケーション/用途

  • アンプリフィケーション
  • 差動からシングルエンドへの変換
  • 差動入力、差動出力信号
  • 医療用信号調整
  • センサインタフェースおよび信号処理
  • センサレスモータ制御
  • ソナーおよび汎用データ収集

説明

MAX9939は、汎用の差動入力プログラマブルゲインアンプ(PGA)で、モータ電流検出、医療機器、および超音波データ収集アプリケーションに見られる多様な広いダイナミックレンジの信号を調整するのに最適です。この製品は、SPIで設定可能な0.2V/V~157V/Vの差動利得、入力オフセット電圧補償、および高次アクティブフィルタまたは差動出力の供給用として設定可能な出力アンプを特長としています。

このPGAは、高い信号帯域用に最適化されており、利得は0.2V/V、1V/V、10V/V、20V/V、30V/V、40V/V、60V/V、80V/V、119V/V、および157V/Vに設定可能です。高精度の抵抗マッチングが非常に低い利得温度係数と高いCMRRを提供します。MAX9939は2.9V~5.5VのVCC単一電源で動作しますが、入力レベルシフトアンプ段を使用するため、グランドを上回る信号も下回る信号も両方を処理することができます。さらに、入力は±16Vまで保護されているため、フォルト状態や信号の振切れに耐えることができます。

この出力アンプは、広帯域および低バイアス電流用に設計されているため、Sallen-Keyアーキテクチャよりはるかに高いQと阻止帯域減衰を提供するマルチフィードバックアクティブフィルタトポロジでの使用に最適です。

MAX9939の自己消費電流は、5Vで3.4mAで、ソフトウェア設定可能なシャットダウンモードによって消費電流をわずか13µAに低減します。MAX9939は、10ピンµMAX®パッケージで提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX9939:ファンクションダイアグラム MAX9939:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。