先頭に戻る

-0.1V~+28Vの入力範囲、マイクロパワー、片/双方向、電流検出アンプ

真の-0.1V~+28V入力範囲、超小型、6ピンUCSP電流検出アンプ

製品の詳細

低コスト、片/双方向、ハイサイド、電流検出アンプのMAX9928F/MAX9929Fは、ノートブック、携帯電話その他のポータブル機器におけるバッテリ充電/放電の電流監視に最適です。これらのデバイスは、-0.1V~+28Vの幅広い入力コモンモード電圧範囲、0.4mV以下のVOSで20µAの少ない消費電流、および1.0%より優れた利得精度を備えています。入力コモンモード範囲は、電源電圧から独立しているため、測定レイルがグランド短絡された場合でも、電流検出情報が高精度を維持することを保証します。

MAX9928Fは、トランスコンダクタンス比が5µA/mVの電流出力が特長です。外付け抵抗が出力電流を電圧に変換するため、入力検出電圧が最大のADC入力振幅にマッチングすることができるような可変利得が可能です。MAX9929Fは、1つの電圧出力があり、1つの10kΩの出力抵抗を内蔵し、固定電圧利得は50V/Vとなります。

デジタルSIGN出力は、電流フローの方向を示すため、ユーザは、電流の充電および放電の両方の測定にADC入力範囲を最大に利用することができます。

MAX9928F/MAX9929Fは-40℃~+125℃の自動車用温度範囲が完全保証されており、6ピンUCSP™パッケージ(1mm x 1.5mm)と8ピンµMAX®パッケージで提供されます。UCSPパッケージは、MAX4372_EBTとピンコンパチブルです。

主な機能

  • 広いコモンモード範囲:-0.1V~+28V (電源電圧から独立)
  • 動作電源電圧:2.5V~5.5V
  • 自己消費電流:20µA
  • 入力オフセット電圧:0.4mV (max)
  • 1% (max)より優れた利得精度
  • SIGN出力によって電流極性を表示
  • トランスコンダクタンスおよび利得バージョン入手可能
    • 5µA/mV (MAX9928F)
    • 50V/V (MAX9929F)
  • UCSPのMAX4372とピンコンパチブル
  • 超小型、3x2 UCSPパッケージ(1mm x 1.5mm)と8ピンµMAXパッケージで提供

アプリケーション/用途

  • 汎用システム/基板レベル電流監視
  • ポータブル/バッテリ駆動システムにおける充電/放電電流の監視
  • ノートブックコンピュータ
  • 高精度電流源
  • スマートバッテリパック/チャージャ
  • スマートセルフォン
  • スーパーキャパシタ充電/放電
Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) +/-50
VOS @25°C (µV) (max) 400
Output Format Current
CMVR (V) (min) -0.1
CMVR (V) (max) 28
VCC (V) (min) 2.5
VCC (V) (max) 5.5
ICC (µA) (typ) 20
Bi-Dir. Curr. Sense Yes
Gain 5 µA/mV
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 1
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins UCSP (B)/6
UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
$1.05 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX9928、MAX9929:標準動作回路 MAX9928、MAX9929:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX9928の評価キット(EVキット)は、VOSが400µV以下および利得誤差が1.0%以下の高精度仕様を実現する、片/双方向、ハイサイド電流検出アンプのMAX9928を評価する実証済みの設計を提供します。このEVキットは、1mm x 1.5mm x 0.6mmの超小型、6ピンUCSP™パッケージで提供されるMAX9928Fを検証します。MAX9928は、8ピンµMAX®でも提供されますが、このパッケージはこのEVキットと互換性がありません。

MAX9928のEVキットのPCBは、MAX9928FABT+ (5µA/mV利得バージョン)が実装されています。また、MAX9928のEVキットは、MAX9929F (50V/V)の評価にも使用可能です。このEVキットは、フットプリントコンパチブルのUCSPパッケージのMAX4372の評価にも使用可能です。ピンコンパチブルのMAX9929FABT+デバイスの無料サンプルについてはお問い合わせください。

詳細を見る

特長

  • 高精度のリアルタイム電流監視
  • 入力コモンモード範囲:-0.1V~+28V
  • MAX9928F、MAX9929F、およびMAX4372を評価
  • VOS:0.4mV以下、利得誤差:1%以下
  • SIGNビットによって充電/放電電流フローを表示
  • 鉛(Pb)フリーおよびRoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX9928T PSPICE マクロモデル

ダウンロード

シミュレーションモデル

MAX9928F PSPICE マクロモデル

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) +/-50
VOS @25°C (µV) (max) 400
Output Format Current
CMVR (V) (min) -0.1
CMVR (V) (max) 28
VCC (V) (min) 2.5
VCC (V) (max) 5.5
ICC (µA) (typ) 20
Bi-Dir. Curr. Sense Yes
Gain 5 µA/mV
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 1
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins UCSP (B)/6
UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
$1.05 @1k

主な機能

  • 広いコモンモード範囲:-0.1V~+28V (電源電圧から独立)
  • 動作電源電圧:2.5V~5.5V
  • 自己消費電流:20µA
  • 入力オフセット電圧:0.4mV (max)
  • 1% (max)より優れた利得精度
  • SIGN出力によって電流極性を表示
  • トランスコンダクタンスおよび利得バージョン入手可能
    • 5µA/mV (MAX9928F)
    • 50V/V (MAX9929F)
  • UCSPのMAX4372とピンコンパチブル
  • 超小型、3x2 UCSPパッケージ(1mm x 1.5mm)と8ピンµMAXパッケージで提供

アプリケーション/用途

  • 汎用システム/基板レベル電流監視
  • ポータブル/バッテリ駆動システムにおける充電/放電電流の監視
  • ノートブックコンピュータ
  • 高精度電流源
  • スマートバッテリパック/チャージャ
  • スマートセルフォン
  • スーパーキャパシタ充電/放電

説明

低コスト、片/双方向、ハイサイド、電流検出アンプのMAX9928F/MAX9929Fは、ノートブック、携帯電話その他のポータブル機器におけるバッテリ充電/放電の電流監視に最適です。これらのデバイスは、-0.1V~+28Vの幅広い入力コモンモード電圧範囲、0.4mV以下のVOSで20µAの少ない消費電流、および1.0%より優れた利得精度を備えています。入力コモンモード範囲は、電源電圧から独立しているため、測定レイルがグランド短絡された場合でも、電流検出情報が高精度を維持することを保証します。

MAX9928Fは、トランスコンダクタンス比が5µA/mVの電流出力が特長です。外付け抵抗が出力電流を電圧に変換するため、入力検出電圧が最大のADC入力振幅にマッチングすることができるような可変利得が可能です。MAX9929Fは、1つの電圧出力があり、1つの10kΩの出力抵抗を内蔵し、固定電圧利得は50V/Vとなります。

デジタルSIGN出力は、電流フローの方向を示すため、ユーザは、電流の充電および放電の両方の測定にADC入力範囲を最大に利用することができます。

MAX9928F/MAX9929Fは-40℃~+125℃の自動車用温度範囲が完全保証されており、6ピンUCSP™パッケージ(1mm x 1.5mm)と8ピンµMAX®パッケージで提供されます。UCSPパッケージは、MAX4372_EBTとピンコンパチブルです。

簡略化されたブロック図

MAX9928、MAX9929:標準動作回路 MAX9928、MAX9929:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。