先頭に戻る

超高精度、ハイサイド電流検出アンプ

自動ゼロ化フロントエンドを使用してVOS < 10µVを実現、小型VSENSEおよびRSENSEが可能

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) +/-150
VOS @25°C (µV) (max) 10
Output Format Voltage
CMVR (V) (min) 1.9
CMVR (V) (max) 28
VCC (V) (min) 2.85
VCC (V) (max) 5.5
ICC (µA) (typ) 700
Bi-Dir. Curr. Sense Yes
Gain Adj.
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 0.4
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
1.9
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) +/-150
VOS @25°C (µV) (max) 10
Output Format Voltage
CMVR (V) (min) 1.9
CMVR (V) (max) 28
VCC (V) (min) 2.85
VCC (V) (max) 5.5
ICC (µA) (typ) 700
Bi-Dir. Curr. Sense Yes
Gain Adj.
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 0.4
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
1.9

主な特長

  • 全温度範囲で超高精度VOS
    • MAX9922:±10µV (max)
    • MAX9923T:±25µV (max)
    • MAX9923H:±20µV (max)
    • MAX9923F:±10µV (max)
  • フルスケール利得精度:±0.5% (max)
  • 双方向または片方向のISENSE
  • 複数の利得が可能
    • 可変(MAX9922)
    • +25V/V (MAX9923T)
    • +100V/V (MAX9923H)
    • +250V/V (MAX9923F)
  • 入力コモンモード電圧:1.9V~28V (VDDから独立)
  • 電源電圧:+2.85V~+5.5V
  • 消費電流:700µA、シャットダウン電流:1µA
  • 拡張温度範囲:-40℃~+85℃
  • 省スペースの10ピンµMAXで提供

アプリケーション/用途

  • ハンドヘルドLi+ (リチウムイオン)バッテリ電流監視
  • ノートブック/デスクトップパワーマネージメント
  • 高精度電流源

説明

超高精度ハイサイド電流検出アンプのMAX9922/MAX9923は、25µV (max)の超低オフセット電圧(VOS)とレーザトリムされた0.5%以内の優れた利得精度を特長としています。低VOSと高利得精度の組合せによって、超微小検出電圧の場合でも高精度の電流測定が可能です。

MAX9922/MAX9923は、片方向と双方向動作の両方が可能です。片方向動作の場合、REFをGNDに接続します。双方向動作の場合、REFをVDD/2に接続します。

MAX9922の利得は、2つの外付け抵抗で調整可能です。MAX9923T/MAX9923H/MAX9923Fの利得は、内部レーザトリムされた抵抗を使用しており、それぞれ25V/V、100V/V、および250V/Vで固定です。これらのデバイスは、入力コモンモード電圧から独立した+2.85V~+5.5Vの単一電源で動作し、消費電流は、動作時はわずか700µAで、シャットダウン時は1µA以下です。

+1.9V~+28Vの電流検出入力のコモンモード電圧範囲によって、MAX9922/MAX9923は、高精度、広いコモンモード測定範囲、および最小フルスケールVSENSE電圧が重要となるアプリケーションでの電流監視に最適です。

MAX9922/MAX9923は、入力オフセット電圧を常に測定し解除するスペクトラム拡散自動ゼロ化法を使用して、時間と温度に対するドリフトおよび1/fノイズの影響を排除します。この技術は、間接電流フィードバック技術と組み合わせて、25µV以下(max)のオフセット電圧を達成します。

MAX9922/MAX9923は、10ピンµMAX®パッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX9922、MAX9923:標準動作回路 MAX9922、MAX9923:標準動作回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。