先頭に戻る

-20V~+75V入力範囲、高精度片/双方向、電流検出アンプ

グランド(-20V)以下に到達する入力コモンレンジ付き、電流検出アンプ

製品の詳細

MAX9918/MAX9919/MAX9920は、-20V~+75Vの高い入力コモンモードレンジを備えた単一電源の高精度電流検出アンプです。これらのアンプは、誘導性キックバック、バッテリ逆接続状態や過渡イベントが原因でコモンモード電圧が負になり得るモーターやソレノイドなどの誘導性負荷の電流監視に最適です。

MAX9918/MAX9920は、外付けの抵抗分圧ネットワークによって設定される調整可能な利得を備えています。MAX9919は、45V/V (MAX9919F)と90V/V (MAX9919N)の固定利得を備えています。MAX9918/MAX9919/MAX9920は、片方向アンプ(VREFIN = GNDの場合)、および双方向アンプ(VREFIN = VCC/2の場合)として動作します。MAX9920は、入力レベルシフト段において4の係数で入力信号を減衰させるため、このデバイスは、最大200mV (片方向動作)または±100mV (双方向動作)の電圧を検出することができます。

MAX9918/MAX9919/MAX9920は、5Vの単一電源で動作し、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されており、8ピンSOICパッケージで提供されます。

主な機能

  • 高誘導性キックバック電圧に対する予防的クランプを低減
    • 入力コモンモード電圧範囲:-20V~+75V
  • 広範囲の高精度ACおよびDC電流検出アプリケーションに対応
    • 片方向または双方向の電流検出
    • 利得精度誤差:0.6% (max)
    • 入力オフセット電圧:400µV (max)
    • -3dB帯域幅:120kHz (MAX9919N)
    • 双方向OUTのリファレンス入力
    • レール・ツー・レール出力
  • 基板スペースの削減
    • 8ピンSOICパッケージ
    • 単一電源動作範囲:4.5V~5.5V
  • AEC-Q100認定(MAX9918ASA/V+、MAX9919FASA/V+、MAX9919NASA/V+、MAX9920ASA/V+のみ)

アプリケーション/用途

  • 車載用
  • 誘導負荷の電流監視
  • Hブリッジモータ電流検出
  • ハイおよびローサイド高精度電流検出
  • 高精度高電圧電流監視
  • ソレノイド電流検出
  • スーパーキャパシタ充電/放電監視
Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) 50
VOS @25°C (µV) (max) 400
Output Format Voltage
CMVR (V) (min) -20
CMVR (V) (max) 75
VCC (V) (min) 4.5
VCC (V) (max) 5.5
ICC (µA) (typ) 1000
Bi-Dir. Curr. Sense Yes
Gain Adj.
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 0.6
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
$1.17 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX9918、MAX9919、MAX9920:標準動作回路 MAX9918、MAX9919、MAX9920:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX9918の評価キット(EVキット)は、8ピンSOパッケージで提供される広い入力範囲の高精度片方向/双方向電流検出アンプのMAX9918を評価するための実証済みのデザインを提供します。このEVキットは、アンプ入力におけるフォースとセンスのケルビン接続、および±0.5%公差の超高精度電流検出抵抗を備えています。追加的な評価のために、各種テストポイントが用意されています。

MAX9918のEVキットのPCBには、MAX9918ASA+が実装されて提供されます。ピンコンパチブルのMAX9919FASA+、MAX9919NASA+、およびMAX9920ASA+の評価には、そのデバイスの無料サンプルを請求してください。

詳細を見る

特長

  • 広い入力範囲:-20V~+75V (電源電圧から独立)
  • 単一動作電源:+5V
  • 片方向または双方向動作
  • 鉛(Pb)フリーおよびRoHS準拠
  • 実証済みのPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX9918 PSPICE マクロモデル

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Current Sense Amplifiers
VSENSE_FS (mV) (recomm.) 50
VOS @25°C (µV) (max) 400
Output Format Voltage
CMVR (V) (min) -20
CMVR (V) (max) 75
VCC (V) (min) 4.5
VCC (V) (max) 5.5
ICC (µA) (typ) 1000
Bi-Dir. Curr. Sense Yes
Gain Adj.
Gain Accuracy @25°C (%) (max) 0.6
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
$1.17 @1k

主な機能

  • 高誘導性キックバック電圧に対する予防的クランプを低減
    • 入力コモンモード電圧範囲:-20V~+75V
  • 広範囲の高精度ACおよびDC電流検出アプリケーションに対応
    • 片方向または双方向の電流検出
    • 利得精度誤差:0.6% (max)
    • 入力オフセット電圧:400µV (max)
    • -3dB帯域幅:120kHz (MAX9919N)
    • 双方向OUTのリファレンス入力
    • レール・ツー・レール出力
  • 基板スペースの削減
    • 8ピンSOICパッケージ
    • 単一電源動作範囲:4.5V~5.5V
  • AEC-Q100認定(MAX9918ASA/V+、MAX9919FASA/V+、MAX9919NASA/V+、MAX9920ASA/V+のみ)

アプリケーション/用途

  • 車載用
  • 誘導負荷の電流監視
  • Hブリッジモータ電流検出
  • ハイおよびローサイド高精度電流検出
  • 高精度高電圧電流監視
  • ソレノイド電流検出
  • スーパーキャパシタ充電/放電監視

説明

MAX9918/MAX9919/MAX9920は、-20V~+75Vの高い入力コモンモードレンジを備えた単一電源の高精度電流検出アンプです。これらのアンプは、誘導性キックバック、バッテリ逆接続状態や過渡イベントが原因でコモンモード電圧が負になり得るモーターやソレノイドなどの誘導性負荷の電流監視に最適です。

MAX9918/MAX9920は、外付けの抵抗分圧ネットワークによって設定される調整可能な利得を備えています。MAX9919は、45V/V (MAX9919F)と90V/V (MAX9919N)の固定利得を備えています。MAX9918/MAX9919/MAX9920は、片方向アンプ(VREFIN = GNDの場合)、および双方向アンプ(VREFIN = VCC/2の場合)として動作します。MAX9920は、入力レベルシフト段において4の係数で入力信号を減衰させるため、このデバイスは、最大200mV (片方向動作)または±100mV (双方向動作)の電圧を検出することができます。

MAX9918/MAX9919/MAX9920は、5Vの単一電源で動作し、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されており、8ピンSOICパッケージで提供されます。

簡略化されたブロック図

MAX9918、MAX9919、MAX9920:標準動作回路 MAX9918、MAX9919、MAX9920:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。