先頭に戻る

シャットダウン付き、1MHz、20µA、レール・ツー・レールI/Oオペアンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 1
Input IBIAS (nA) (max) 0.01
VOS (µV) (max) 1000
VSUPPLY (Total) (V) (min) 1.8
VSUPPLY (Total) (V) (max) 5.5
# Amplifiers 2
Rail to Rail Input/Output
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
0.91
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Operational Amplifiers
Unity Gain BW (MHz) (typ) 1
Input IBIAS (nA) (max) 0.01
VOS (µV) (max) 1000
VSUPPLY (Total) (V) (min) 1.8
VSUPPLY (Total) (V) (max) 5.5
# Amplifiers 2
Rail to Rail Input/Output
Package/Pins UMAX/10
Budgetary
Price (See Notes)
0.91

主な特長

  • 高利得帯域幅積(GBW):1MHz
  • 超低消費電流:20µA
  • 単一電源電圧範囲:1.8V~5.5V
  • 超低入力バイアス電流:1pA
  • レール・ツー・レール入力/出力電圧範囲
  • 低入力オフセット電圧:±200µV
  • 低シャットダウン電流:0.001µA
  • シャットダウン時にハイインピーダンス出力(MAX9915/MAX9917)
  • ユニティゲイン安定
  • 小型SC70、SOT23、およびµMAXパッケージで提供

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • コードレス電話
  • データ収集機器
  • デジタルカメラ(DIGICAM)
  • 血糖値メータ
  • GPSソリューション
  • IPカメラ
  • ラップトップ
  • MP3およびポータブルメディアプレーヤー
  • ポータブル医療機器
  • ポータブル試験装置
  • RFタグ

説明

オペアンプのシングルMAX9914/MAX9915およびデュアルMAX9916/MAX9917は消費電流に対する利得帯域幅の比が最大化されているため、ポータブル計測機器、ポータブル医療機器、およびワイヤレスハンドセットなどのバッテリ駆動アプリケーションに最適です。これらのCMOSオペアンプは1pAの超低入力バイアス電流、レール・ツー・レール入力/出力、20µAの低消費電流が特長で、1.8V~5.5Vの単一電源で動作します。さらに節電するためにMAX9915/MAX9917は消費電流を1nAに低減する低電力シャットダウンモードを備え、アンプの出力をハイインピーダンス状態に移行します。これらのデバイスは、1MHzの利得帯域幅積でユニティゲイン安定です。

MAX9914とMAX9915は、それぞれ5ピンおよび6ピンSC70パッケージで提供されます。MAX9916は8ピンSOT23パッケージで提供され、MAX9917は10ピンµMAX®パッケージで提供されます。全デバイスは、拡張動作温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX9914、MAX9915、MAX9916、MAX9917:標準動作回路 MAX9914、MAX9915、MAX9916、MAX9917:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。