先頭に戻る

低コスト、モノラル/ステレオ、1.4W差動オーディオパワーアンプ

スピーカ内蔵ポータブルオーディオデバイスに最適な、低コスト、モノラル/ステレオ、1.4W差動オーディオパワーアンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Speaker Amplifiers
# Channels 2
Class AB
Spkr. Amp. VCC (V) (min) 2.7
Spkr. Amp. VCC (V) (max) 5.5
Spkr. Amp. ICC (mA) (typ) 5
POUT into 4Ω @ 1% THD+N (W) (min) 1.4
POUT into 4Ω @ 10% THD+N (W) (min) 1.7
POUT into 8Ω @ 1% THD+N (W) (min) 1.1
POUT into 8Ω @ 10% THD+N (W) (min) 1.3
Spkr. Amp. Half Pwr. THD+N (%) 0.025
SNR (dB) (A- Weighted) 107
PSRR (dB) (min) 93
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
1.1
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Speaker Amplifiers
# Channels 2
Class AB
Spkr. Amp. VCC (V) (min) 2.7
Spkr. Amp. VCC (V) (max) 5.5
Spkr. Amp. ICC (mA) (typ) 5
POUT into 4Ω @ 1% THD+N (W) (min) 1.4
POUT into 4Ω @ 10% THD+N (W) (min) 1.7
POUT into 8Ω @ 1% THD+N (W) (min) 1.1
POUT into 8Ω @ 10% THD+N (W) (min) 1.3
Spkr. Amp. Half Pwr. THD+N (%) 0.025
SNR (dB) (A- Weighted) 107
PSRR (dB) (min) 93
Package/Pins TQFN/16
Budgetary
Price (See Notes)
1.1

主な特長

  • 単一電源動作:2.7V~5.5V
  • 超高PSRR:-93dB (217Hz)
  • 1.4Wを1%のTHD+Nで4Ω負荷に供給(チャネル当たり)
  • 差動入力
  • 利得の内部設定のため部品点数を削減
  • 可変利得のオプション(MAX9718A/H/MAX9719A)
  • 低電力シャットダウンモード:100nA
  • 電源の投入/切断時の可聴クリック/ポップを排除
  • LM4895とピンコンパチブルで、性能を向上したアップグレード製品(MAX9718D/G)
  • 1.8Vロジックコンパチブル

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • PDA
  • ポータブル機器

説明

差動入力オーディオパワーアンプのMAX9718/MAX9719は、スピーカを内蔵するポータブルオーディオデバイスに最適です。差動入力構成によってノイズ除去性能が改善され、コモンモード除去が行われます。ブリッジ接続負荷(BTL)アーキテクチャは外付け部品点数を最小限に抑え、高品質のパワーオーディオアンプを提供します。MAX9718はシングルチャネルアンプであり、MAX9719はステレオシステム用のデュアルチャネルアンプです。両製品とも1チャネル当たり1.4Wの連続平均電力を1%以下のTHD+Nで4Ωの負荷に供給し、+5Vの単一電源で動作します。これらの製品は、可変利得アンプ、または0dB、3dB、および6dBの内部固定利得のアンプとして使用することができるため、部品点数を削減することができます。

シャットダウン入力はバイアス発生器とアンプを不能とし、自己消費電流を100nA以下に低減します。MAX9718のシャットダウン入力をアクティブハイまたはアクティブローとして設定することができます。これらのデバイスはマキシムの包括的クリックアンドポップ抑制回路を備え、この回路によってスタートアップおよびシャットダウン時の可聴クリックおよびポップノイズが低減されます。

MAX9718はLM4895とピンコンパチブルであり、9ピンUCSP™、10ピンTDFN、および10ピンµMAX®パッケージで提供されます。MAX9719は、16ピンTQFN、16ピンTSSOP、および16ピンUCSPパッケージで提供されます。両デバイスは、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX9718、MAX9719:ブロックダイアグラム MAX9718、MAX9719:ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。