先頭に戻る

シングル/デュアル、超高速、ECL出力コンパレータ、ラッチイネーブル付

ラッチイネーブル付き、超高速、1.2ns ECL出力コンパレータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Comparators
tPD (ns) (typ) 1.2
VOS (mV) (max) 6.5
VSUPPLY (Total) (V) (min) 9.5
VSUPPLY (Total) (V) (max) 10.5
# Comparators 1
ICC per Comp. (µA) (max) 26000
Logic Out ECL
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
5.27
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Comparators
tPD (ns) (typ) 1.2
VOS (mV) (max) 6.5
VSUPPLY (Total) (V) (min) 9.5
VSUPPLY (Total) (V) (max) 10.5
# Comparators 1
ICC per Comp. (µA) (max) 26000
Logic Out ECL
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins PDIP/8
SOIC (N)/8
UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
5.27

主な特長

  • 伝播遅延:1.2ns
  • 伝播遅延スキュー:100ps
  • 分散:150ps
  • ラッチセットアップ時間:0.5ns
  • ラッチイネーブルパルス幅:0.5ns
  • パッケージ:µMAXおよびQSOP
  • 電源:+5V、-5.2V

アプリケーション/用途

  • 高速ラインレシーバ
  • 高速トリガリング
  • ピーク検出器
  • スレッショルド検出器

説明

MAX9691/MAX9692/MAX9693は、伝播遅延が極めて短い超高速ECLコンパレータです。従来低速コンパレータでしか実現できなかった優れたDCマッチング特性を実現します。

MAX9691/MAX9692/MAX9693は、差動入力およびECLロジックレベルと完全にコンパチブルなコンプリメンタリ出力を備え、50Ωの終端伝送ラインを駆動できるだけの出力電流能力を備えています。超高速動作により、600MHzを超える周波数での信号処理が可能です。

MAX9692/MAX9693は、コンパレータをサンプルホールドモードで使用することを可能にするラッチイネーブル(LE)機能を備えています。LEがECLハイの時、コンパレータは通常動作になります。LEをECLローにすると、出力は強制的にあいまいさのないECLロジック状態になります。この状態は、ラッチの入力遷移時点における入力条件に依存します。2つのコンパレータのいずれもラッチイネーブル機能を使用しない場合は、該当するLE入力をグランドに接続し、対応するアクティブローLE入力をハイECLロジックレベルに接続する必要があります。

これらのデバイスはSO、QSOPおよび省スペースの小型µMAX®パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX9691、MAX9692、MAX9693:ファンクションダイアグラム MAX9691、MAX9692、MAX9693:ファンクションダイアグラム Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。